2019ドラマ

家売るオンナの逆襲1話感想とイモトの結末予測!島津とのギャップがすごい!


家売る女の逆襲の白洲美加役のイモトアヤコさんの演技が直前のドラマ下町ロケットとギャップがあります。

家売る女の逆襲と下町ロケットでのイモトアヤコさんについて調べてみました♪

スポンサーリンク

家売る女の逆襲の白洲美加の結末は?

家売る女の逆襲の白洲美加は1話からとてもいい感じでしたね。

素のイモトアヤコさんがとても出ていて、視聴者の期待に応えてくれていました。

ダンゴムシの天ぷらやミミズ出汁のラーメンなどあり得ないのですが、そこが良かったです。

しかもYouTubeの公開撮影中なので、見物人がいるにも関わらず昼寝してしまったり。

顔芸も芸人としてのイモトアヤコさんがそのままで、ドラマじゃなくてお笑い番組を見ているようでした。

白洲美加は2016年の連続ドラマでは宅間と結婚、2017年のスペシャルドラマでは2人目の子供を身籠もっていました。

でも2019年の連続ドラマでは宅間と離婚し、シングルマザーになっています。

白洲美加はドラマ内で元旦那さんの宅間と「なんで離婚しちゃたんだろ~」と言っていました。

宅間も陰ながら白洲美加や子供たちのことを心配しています。

ですので最終的にはこの二人はヨリを戻すと思います。

その前にイケメンの足立や留守堂に言い寄ってフラれるのでしょうね(笑)

家売る女の逆襲の見逃し動画を無料視聴する方法!1話から全話見るには?
[blogcard url=”https://kiiroihiyoko.com/10518.html”]

下町ロケットでのイモトアヤコ

下町ロケットでのイモトアヤコさんは天才エンジニア島津裕役でした。

当初は伊丹大(尾上菊之助演)が社長のギアゴーストで仕事していましたが、伊丹大に裏切られたためギアゴーストを退職します。

その後佃航平(阿部寛演)が社長の佃製作所から誘いを受けました。

大学の採用試験を受けるか佃製作所に入社するか迷いますが、現場が好きな島津は佃製作所へ入社することを決めます。

下町ロケットではイモトアヤコさんは芸人としての要素ではなく、仕事にとても一途な女性でした。

芸人としての演技だけではなくこんなシリアスな演技されてとても評判が良かったですよね。

イモトアヤコさんは演技力があります。

イッテQでいろいろな体験をするほど度胸がある方だから演技にも深みがあると思いました。

スポンサーリンク




イモトアヤコについて

プロフィール

イモトアヤコさんのプロフィールです。

●本名:井本絢子(いもとあやこ)
●生年月日:1986年1月12日
●出身:鳥取県西伯郡伯耆町
●血液型:O型
●身長:158cm
●学歴:文教大学情報学部広報学科

イモトアヤコさんは運動神経がとても良くて、中学時代は陸上部、高校時代はハンドボール部でキャプテンをしていました。

でも性格は謙虚で大人しかったようです。

家族はお父さんとお母さんと1歳年下の妹さんがいます。

妹さんはイモトアヤコさんに似ていますがとても可愛らしい方。

妹さんは結婚されていて、3人の女の子のお母さんでもあります。

イモトアヤコさんもそんな姪っ子ちゃんたちをとても可愛がっているとのことです。

出演作品

今までのイモトアヤコさんのドラマの出演作品についてです。

イモトアヤコさんは世界の果てまでイッテQ!で珍獣ハンターとしてブレイクされたのでそのイメージが強いですよね。

でもドラマへの出演も多くあります。

●99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜(2010年):平松とも(当時編)役
●24時間テレビスペシャルドラマ「生きてるだけでなんくるないさ」(2011):矢島春奈役
●土曜ドラマ「ご縁ハンター」(2013年):井上千帆役
●金曜ロードSHOW! スペシャルドラマ「最高のおもてなし」(2014年):主演鈴木ちえ役
●金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画「結婚に一番近くて遠い女」(2015年3月6日、日本テレビ) – 主演・別府すみれ 役
●あなたにドロップキックを(2017年):主演秋吉秋子役
●ウチの夫は仕事ができない(2017年):町田あかり役

2010年に女優デビューされてからほぼ毎年ドラマへ出演されています。

イモトアヤコさんは女優としても人気があるのですね。

スポンサーリンク

イモトアヤコのイッテQでの活動内容

世界の果てまでイッテQ!ではイモトアヤコさんはいろいろな行動を見せてくれました。

現地の珍しすぎる食べ物を食べることはもちろん、エベレストにまで挑戦しています。

特に登山は素人なのにここまでするなんて心身共にとてもタフな方です。

最近のイッテQでは2020年用のカレンダー撮影で南米ギアナ高地にあるテーブルマウンテン・ロライマ山(標高2810m)に登りました。

でも悪天候とイモトアヤコ自身の体調の悪さ、そして下町ロケット撮影が控えているという悪条件が重ってしまいます。

イモトアヤコさんはなんとかカレンダー撮影に挑みましたが、残念ながらこの写真は採用されませんでした。

写真はダメでしたが、そんな悪条件でも過酷な撮影に挑もうとするイモトアヤコさんはやはり凄い方ですね。

さいごに

イモトアヤコさんの演技にはとても力強さがあります。

これほどタフな方だから演技にもそれが滲み出てくるのですね。

家売る女の逆襲でのイモトアヤコさんの演技がとても楽しみです!

スポンサーリンク