ストロベリーナイト

ストロベリーナイトサーガ4話感想は原作と違う?ドラマとの違いも!

4話「右では殴らない」は原作では短編小説「シンメトリー」にあるお話です。

ドラマと原作の違いと感想についてご紹介していきます♪

ひよこ
ひよこ
原作違う所はかなりあるよっ!

>>ストロベリーナイトサーガ3話感想は原作と違う?ドラマとの違いも!

スポンサーリンク

ストロベリーナイトサーガ4話が原作と違う?

全体的には二階堂ふみさんのストロベリーナイトサーガのほうが原作に忠実になっています。

今回のドラマでは順番も原作通りです。

また原作どおり姫川の妹が今回は登場していました!

原作では登場していましたが、ドラマでは登場していなかったのは巡査長・北原萌子(26歳)です。

可愛らしいお嬢様という設定の女性ですが、今回も前作でも登場していませんでした。

原作では亡くなった男性は三沢光浩(35歳)、桜井渉(30歳)、綱島信彦(28歳)、蓮沼幸太郎の4人でした。

ドラマでは綱島信彦と三沢光浩で30代前後のサラリーマンという設定で、2人になっています。

またドラマでは2人の命を奪ったとされたのは小さなビニール袋に入った白い粉でした。

でも原作では黒と白の模様のカプセルという設定でした。

この描写も違いました。

原作では亡くなった3人の共通点として「ガチャゲー」というゲームサイトに参加していとことがあります。

このゲームサイトは会員が400万人もいて、警察にも会員がいてもおかしくないほどのゲームです。

ドラマではこのゲームサイトのことは出てきませんでした。

原作では坂下勇一郎は医師なのでいろいろな白い粉を入手できる立場でした。

また内閣総理大臣のブレーンでもあり政財界でも顔がきく人物です。

その坂下勇一郎がハンドルネーム「shido」で被害者と会っていることまでわかりました。

でも坂下勇一郎にはアリバイがあり、実際に会っていたのは坂下勇一郎の娘・坂下美樹。

坂下美樹は交際していた男性たちが白い粉を欲しがったため、他の交際相手だった東都医大生・宇田川浩一から白い粉を譲り受けたのです。

ドラマでは坂下美樹の父・坂下勇一郎の職業は有名不動産会社に務めるエリートサラリーマンで、坂下美樹に白い粉を渡したのは宇田川浩一という医大生でした。

宇田川浩一は坂下美樹のことが好きになりすぎて、自分だけのものにしたいという気持ちから、坂下美樹を亡き者にするためにそのような行動をしたのです。

この部分は原作とドラマではかなり違っています。

また原作では坂下美樹は父・坂下勇一郎のクレジットカードを模倣したり、カプセルを他の組が利用したりとのストーリーがありましたが。

でもドラマではこの部分は一切描かれていませんでした。

ストロベリーナイトサーガの見逃し動画を無料視聴する方法は?1話から全話!2019年4月18日(木)より「ストロベリーナイトサーガ」が放送されています。 このドラマを無料で視聴する方法についてご紹介します...

姫川がお見合いをするエピソードは原作にはありませんでした。

でもお見合いエピソードがあったほうが母娘の距離感が縮まった気がします。

お母さんが娘の気持ちを理解してくれて、なんだか安心感が沸きました。

姫川が坂下美樹を取り調べる時、今回のドラマでは社会性を重視した内容となっており、人は社会のルールを守らないならば自分も痛い目にあうと論破していました。

でも前作の竹内裕子さんのドラマでは人の命を奪うことの罪について論破しています。

この部分が今回と前回のドラマでは違っていました。

坂下美樹の取り調べで姫川は右手で壁をなぐります。

そして「折れているかも…」と言っていました。

でも原作では医務室で診てもらい、そこで「折れているかも…」と言われて姫川は落ち込む、というストーリーになっています。

この部分が原作とドラマでは違っています。

そしてこの怪我が原因で「右では殴らない」と姫川は心に誓うのです。

ラストで姫川が差入で買ってきたアイスクリームを菊田が蓋をあけてスプーンも姫川に渡すシーンがありました。

これは原作にはないシーンです。

前作ドラマでは姫川はアイスノンを利用していました。

そして言葉は少ないけどいつも姫川を気にしている菊田が良かったですね!

ストロベリーナイト【竹内結子】動画を視聴する方法と順番もチェック!「ストロベリーナイト」のドラマや映画はオムニバス形式のものも含めて現在5作品があります。 この5作品の順番と動画配信はされているの...

ストロベリーナイトサーガ4話に世間の声は?

だんだん二階堂ふみさんと亀梨和也さんとのキャストがいいかも、という声が増えてきました。

ということで今後の二人の関係にも進展がありそうです!

「ストロベリーナイト、4話の姫川に限っては二階堂ふみちゃんの方が良かった気がするな〜 とりあえず3回見た」(ツイッター)

「ストロベリーナイトは前作が好きすぎて、サーガの方はがっかりしそうと思ったら 姫川とか菊田若すぎって思ったけど年相応だったし、4話から結構二階堂ふみが好きかもしれない。 キレイ。かわいい。」(ツイッター)

「「ストロベリーナイトサーガ」。 リメイク嫌とか言ってごめん。 とてもいい。イメージ壊れません。 姫川玲子シリーズで一番好きな「ソウルケイジ」。 前編後編に分けてくれてありがとう。」(ツイッター)

「ちょっと休憩して、ストロベリーナイト・サーガみた☺️ 二階堂ふみの演技にすごくみいってしまって中断(笑) しかし、昨日の話は泣けたな。。 新しいドラマんなかで一番好きかもしれない❤️」(ツイッター)

竹内結子さんのドラマのほうがよかったけど、同じストーリーだから比較しやすくていいという意見もあります。

比較できるのも楽しいですものね(^^)

「何度も言いますが、 ストロベリーナイトは 竹内結子&西島秀俊が好き👍 ストーリーが一緒で比較しやすい。(ツイッター)

そして4話は本当に良かった!という声が多くありました♪

特に法廷シーンが良かったとの声が多かったです。

「昨日のストロベリーナイト、法廷のシーンがよすぎて、つらいのにまた観て泣いてる😂 昨日のほんとよかった」(ツイッター)

「あんだけ初回クサしたストロベリーナイトサーガを面白く見ている🙄←」(ツイッター)

「ストロベリーナイトめちゃくちゃ良かった、、 姫川警部補の高校生時代演じてた子の演技上手すぎた、、特に裁判のシーン、惹きつけられて気づいたら泣いてた。」(ツイッター)

スポンサーリンク




スポンサーリンク

ストロベリーナイトサーガ4話の感想

4話は痛々しいシーンがなかったのが良かったですね!

主に姫川の過去の事件と彼女を励まし続けてくれた女刑事とのシーン、そして坂下美樹と姫川との取り調べのシーンがほとんどでした。

そのため姫川がなぜ刑事になったのか、なぜ坂下美樹に対して社会性を解くのかがシンプルで分かりやすかったです。

姫川は彼女の事件の犯人を逮捕する時に殉職した女刑事のことを思って刑事になっています。

そして人の命を奪うことは人の社会性を奪うこと、自分の社会性も奪われたくないのなら、人のそれも大切にしなければならない。

という話はとても納得がいきました。

とにかく4話はシンプルにまとまっていて、とてもわかりやすかったです(^^)

あと気になったのは菊田がラストで髪を少し短くしたことです。

意外とナイーブな菊田が垣間見れました!

さいごに

4話「右では殴らない」はドラマを深く理解するためには欠かせない内容でした。

これで5話以降をもっと深く楽しめそうです(^_-)-☆

ひよこ
ひよこ
姫川の過去のストーリーが良かったね!
ストロベリーナイトサーガ5話感想は原作と違って違和感?前作との違いも!ストロベリーナイトサーガ5話「左だけ見た場合」の感想と、原作や前作ドラマとの違いについてご紹介します♪ 「左だけ見た場合」は短編「...
スポンサーリンク