Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
本と絵本

英才教育なら読み聞かせを12歳まで継続し地頭まで良くする方法!

我が家では息子が3歳から絵本の読み聞かせをしています。
毎日5~7冊を、30分以上かけて読んでいます。
夜寝る前に、フトンに入って読むので、半分眠りながらのこともあります。

しかしやはりただ絵本を読み聞かせするだけでは、英才教育にはならないようです。
子供の脳にとってとても良いとされる読み聞かせを、もっと有意義にするための本を見つけました。

ランディー由希子さんの『12歳のまでの読み聞かせが子供の「地頭」をつくる!』です。
この本を読んで、私の読み聞かせに不足していることが多くありました。
というか不足ばかりでした。

なぜ読み聞かせが大切なのかということ、すぐに我が家に取り入れたいと思った読み聞かせの方法についてです。

スポンサーリンク

暗記だけではない力を身につける

これからの時代は、暗記を中心とした学校の勉強だけでは通用しない時代になります。

読み聞かせで得られる能力は、「文章読解力」「自己表現力」「思考力」「集中力」「表現力」「共感力」です。

これらの能力は小論文だけでなく、理数系に必要な「論理的な思考力」「判断力」、芸術系に必要な「表現力」にも結びつきます。

絵本などの読み聞かせは、図書館で本を借りればお金はかからないし、一番簡単で、一番確実な教育方法なのです。

ランディー由希子さんがおすすめする「超・読み聞かせ」とは?

「超・読み聞かせ」の概要は以下のとおりです。

1 「対話型」の読み聞かせをする
2 本を「ネットワーク型学習」に結びつける
3 読み聞かせを絵本から本へ移行させる
4 読み聞かせを12歳頃まで継続する
5 読み聞かせを毎日の習慣とする
6 1日30分以上の読み聞かせをする

この中で、私が気になった所は、「対話型の読み聞かせ」「ネットワーク型学習へ結び付ける」「読み聞かせを12歳まで続ける」です。

「読み聞かせを12歳まで続ける」のはなぜ良いのか?

それは絵本などを『親子のコミュニケーションのためのツール』と捉えているからです。

本を通して、親子のコミュニケーションを濃く取ったり、子供の思考力を強化し、学びへと繋げていくのは、親がしなければ誰もしてくれません。

また親子のコミュニケーションを毎日取ることで、今子供が何に興味を持っているのか、今疑問に持っていることは何か、を親は常に把握できます。
そして子供の興味や疑問について一緒に調べたり考えたりしていくのです。

最終的には、子供が様々な事に興味を持つようになること、本を読んでインプットしたことをアウトプットできるようになること、そのアウトプットが社会貢献できる形になること、それが目標です。

ちなみにランディー由希子さんは、お子さまが12歳の頃には古典英語の「英雄ベオウルフの冒険を語る叙情詩」や「ダンテの神曲の地獄編」などを読み聞かせされてたそうです。
ここまでくると本当に『英才教育』ですね。

「対話型」の読み聞かせのコツについて

ただ絵本を読むだけでは、読まないよりマシ、というレベルだそうです。
もっと読み聞かせをレベルアップさせるためには「対話型」の読み聞かせをします。

まだ語彙数が少ない小さいお子さまにはまだこの方法は早いそうです。

・「これは何だと思う?」などたくさん質問しながら読む。
・本を読みながら制約のない会話をする。「制約がない」という点が大切。
・子供の興味にをって会話を進める。どんどん話がずれてもOK。(要約)

大切なのは、子供が何に興味を持っているのかを知ることです。
また子供からさらなる興味を引き出してあげることです。

「対話型」の読み聞かせでのポイントがたくさん紹介されていますが、私が取り入れたいと思ったのは、『違う角度で考える』です。

例えば、絵本が桃太郎だとしたら『桃から出てきたのが女の子の桃子さんだったら?』など、主人公や物事を別のモノにする、というのが面白そうだと思いました。
これなら私にもできそうです。

興味を体験に繋げる「ネットワーク型」読み聞かせとは?

「ネットワーク型」読み聞かせとは、本で読んだことを、実際の生活で体験してみることです。
本物を見たり、触ったり、実際にやってみたりして、体験していきます。

本を通じて知識と実体験が「知識⇄実体験」としていくことが、家庭でできる最高の英才教育なのです。

子供がそのような状態になると、子供は『学ぶことが好きになる』ので、学校での勉強について心配することはなくなります。

「ネットワーク型」読み聞かせの例として、次のようなことが上げられていました。

絵本で植物の話をしたら、
・公園で葉っぱを拾い押し花などを作る。草木染に発展させてもいい。
・虫眼鏡で葉っぱを観察する。

魚についての本だったら、
・水族館に行く
・魚を買ってきて一緒におろしてみる。

絵本の中の消防車が気に入ったら
・ブロックで消防車をつくってみる。
・消防車の絵を描いて、切ってパズルにする。

(本ではなく)お散歩でさるすべりの木の葉に疑問を持ったら、
・さるすべりの木は下の方はツルツルしているから、お猿さんでも滑ってしまう。
・「さるすべりの花」が話題に出たら、いろいろな色があるので、絵の具を混ぜ合わせて絵を描く。
・漢字は「猿滑り」でなく「百日紅」と書くことや、他にも面白い木の名前を一緒に探してみる。
・葉の葉緑素の働きを説明する。(要約)

子供の興味にアンテナを張って、お母さんが子供の興味に沿って提案していくことがポイントです。

最後に

ただ絵本を読むだけの読み聞かせでは、子供の頭を良くすることはできないと痛感しました。

「対話型」の読み聞かせと「ネットワーク型」読み聞かせを実践したいと思います。

「ネットワーク型」読み聞かせはちょっとやってみましたが、私が知らないことだらけで、調べる時間が長くなってしまいます。
でも物事を深く知ることができ、私自身の勉強になります。
というか今のところ私自身の勉強のため、という感じです。

子供達には私が得た知識を実況中継します。
すると「そんなんだ~!」と嬉しそうに聞いてくれます。
現在はこんな形で進めております。

本の紹介は、私が取り入れたいところをポイントに取り上げましたが、既にもっと深く読み聞かせをされている方、逆に読み聞かせが不足だと感じられている方、どんな方にも参考になる本だと思います。

読み聞かせに興味がある方に是非おすすめしたい一冊です。

スポンサーリンク