話題

ごごナマに美輪明宏が出演!不倫より子育に使える丁寧な言葉遣いとは?

先日NHK総合1で、毎日午後1時5分から放送されている『ごごナマ』に美輪明宏さんが出演していました。

船越英一郎さんの不倫についてのコメントがとても多く、私も興味はあります。

でも今は子育て中心なので、不倫以外のコメントに惹かれました。

そこで今回は、美輪明宏さんの子育てにも使える素敵な言葉についてご紹介していきます♪

スポンサーリンク

美輪明宏の丁寧な言葉遣いとは?


美輪明宏さんの本は、結婚する前は10冊近く購入してよく読んでいました。

「美しい音楽を聴く」「美しいお芝居を観る」「美しい言葉使いをする」など、人生を彩り豊かに過ごす方法などが紹介されています。

人生相談の本も多く、よく読んでいました。

人生相談の本は今結婚してみると、役に立っていることが多いです。

子供はいくつになっても心配だとか、旦那さんはいるだけでありがたいなど。

今回の出演で美輪明宏が言っていた「ていねいな言葉遣い」について、私は最近出来ていないな~、と思いとても心に刺さりました。

むしろ息子は男の子だから、と男のような乱暴な言葉遣いになっていました。

やはり上品な家庭、歌舞伎の家庭などは言葉遣いも上品だと、テレビの画面越しにも伝わってきますよね?

ではどのような言葉遣いが美輪明宏さんがいう「ていねいな言葉遣い」なのでしょうか?

年上にも年下にも同じように接する

例え相手が子供でも丁寧な言葉を使います。

美輪明宏さんは『乙女の教室』という本の中で、

「かつて私の知り合いに、由緒正しい家柄の紳士がいましたが、彼はどんなに地位の低い人でも、使用人でも、けして馬鹿にせず、丁寧な言葉遣いできちんと対応していました。」

と書かれていました。

家の中でも、家の外でも変わらない「ていねいな言葉遣い」ができたら、そんな自分が誇りに思えてきます。

そんな親の態度を子供はちゃんと見ていますしね。

ペン太
ペン太
いつでも丁寧な言葉使いは大変ですよね。
ひよ子
ひよ子
慣れるしかない!?

下手なお世辞は言わない

下手にお世辞を言えばかえって失礼になります!

子供にも、早くして欲しいときは、ちょっとお世辞を言ってしまうときがあります。

でもそんなお世辞は子供にもお見通しで、受け入れてもらえません。

美輪明宏さんも

「本当に良いと思ったものを褒める言葉は、まっすぐ相手に伝わります。」

と書かれています。

子供にも、本当に良いと心から思えたことを伝えれば、ものすごくキラキラした素敵な笑顔を見せてくれますし。

心からの言葉でないと相手の心に届かないですものね。

ペン太
ペン太
心の感受性を高めることも大切です!
ひよ子
ひよ子
お芝居を見れなくても、星空や青空でも感動できる!

言葉はあなたそのもの

言葉を発することは、無意識のうちにその人がいつも考えていること、生い立ち、知性も感性も教養もわかってっしまうほどの力があります。

「人間は生まれてから死ぬまで、言葉の中で過ごします。」

と書かれています。

人は言葉がなくては生きていけません。人とかかわって生きていくためになくてはならないものです。

だから言葉は「この世の中の基本」と書かれていました。

言葉が綺麗だと、その言葉を発する人の心も綺麗だと言うことになります。

逆に言葉が汚いと、その言葉を発する人の心も荒れていると言うことです。

子供にも綺麗な心で、綺麗な言葉を発する人になって欲しいですよね。

そのためにまず自分が綺麗な言葉を発していきたいと思いました(^^)

ていねいな言葉遣いとは?


美輪明宏さんの言う丁寧な言葉とは、いわゆるお嬢様言葉です。

家の外で言うのはちょっと恥ずかしいですが、家の中で使えば、意外と子供達も喜んでくれそうですね!

綺麗な言葉は口から「宝石」が、汚い言葉は口から「蛇やトカゲ」が出てくるようなもの。

いつも「宝石」を出していたいですね。

ごきげんよう

朝昼晩と区別なく使えます。

おまえ→きみ

『ごごナマ』の番組のなかで美輪さんが言っていました。

「おまえ、これやっておけ!」ではなく、「きみ、これやっておいてくれたまえ」と言った方が、相手を尊敬している表現だと。

確かに相手への敬意が払われていると感じられる言い方です。

わたし→わたくし
〇〇ちゃん→〇〇ちゃま・さま

先日宮崎駿監督の「天空の城 ラピュタ」を見たのですが、シータは海賊船長のドーラを「おばさま」と呼んでいました。

パズーは「おばさん」でした。

これは、シータはラピュタ大国の王族の末裔だと感じさせるシーンです。

我が家では私の母を「ばあちゃん」と呼んでいます。

これを「ばあちゃま」などと呼ぶようになったら、確かにどんなスゴいお家の子か、と思えますし、なんだか素敵ですね!

言葉の始めには「お」「ご」
言葉の最後には「こと」「の」「て」

本は「ご本」、片付けは「お片付け」などです。

保育園の先生も言葉の始めは「お」「ご」を付けてくれるので、これは我が家の子供達もできています。

そんな子供達をみるとやはり嬉しいです!

言葉の最後に「こと」「の」「て」は、

・「〇〇ですこと
・「〇〇なんです
・「〇〇でよろしく?」

などです。

「あちらで本を読みになっている、可愛い小さな女の子は誰です?どなたか存知あげ?」という感じです。

ペン太
ペン太
言葉遊びみたいですね。
ひよ子
ひよ子
楽しんで丁寧な言葉を使えるようになったら完璧です!
スポンサーリンク

当り前の言葉なのに綺麗な言葉とは?

あまり気負わなくても日常で当り前に使える言葉です。

ちょっと丁寧に口にするだけで、上品な感じになります!

ペン太
ペン太
相手を思いやる気持ちが溢れている言葉です。
ひよ子
ひよ子
自分の気持ちも素直に表現できてる!

「ごめんなさい」
「はい」
「ありがとうございます」
「どういたしまして」
「よろしくおねがいします」
「おはようございます」
「お元気?」
「お待たせしました」
「ご都合いかが」
「諦めないで」
「嬉しい」
「大変悲しいことです」
「素敵!」
「いいえ」
「お待ちしています」
「あらまあ」
「信じています」
「失礼しちゃうわ」
「あなたはどうお考えですか?」
「全くお話にもなりません」
「大丈夫?」
「約束よ」

さいごに

「ていねいな言葉遣い」をすれば、気持ちもゆったりと豊かな気分になってきます。

きっと子供達も同じ気持ちになるはずです。

毎日「忙しい」ですが、豊かな気持ちを育てるためにも、楽しみながら「ていねいな言葉遣い」を実践したいですね!

【参考にした本】

スポンサーリンク