13サーティーン

【13サーティーン】最終回結末ネタバレ!日本ドラマも家族バラバラ?

イギリスの人気ドラマ【サーティーン/13誘拐事件ファイル】が、東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」でリメイクされることになりました。

主演は、桜庭ななみさんです。

今回は、イギリス版のあらすじと最終回結末をネタバレしたいと思います♪

スポンサーリンク

【13サーティーン】イギリス原作について

あらすじは?

13年後の辛い現実とは?


主人公のアイビーが、公衆電話に走っていく場面から物語は始まります。

彼女は顔色が悪く、薄い部屋着を身にまとっていました。

アイビーは、13年間監禁されており、現在は26歳なのです。

ようやく逃げ出すことができて、保護されたアイビーは、リサ巡査部長とエリオット警部の事情聴取を受けた後、家族と再会します。

家族は実はすでに崩壊していたのですが、アイビーの前では、なんとか取りつくろおうとしていました。

当時、アイビーの恋人だったティムも会いに来ますが、実は彼は結婚しています。

しかし、ティムはそのことをアイビーに伝えることはできませんでした。

ひよ子
ひよ子
13年後は、アイビーの知っている仲の良い家族も恋人もいなかったのです!

アイビーがまた誘拐される?

その頃、犯人はすでにアイビーを監禁していた家から逃走していました。

犯人の名前はホワイト。

ホワイトは当時、アイビーが通っていた中学校の職員でした。

そして、見ず知らずの10歳の少女・フィービーがホワイトにより誘拐される事件が起こります。

捜査を進める中で、ホワイトとアイビーが顔見知りであったことが、発覚しました。

二人がショッピングセンターを訪れているところを捉えた監視カメラの映像が出てきたのですが、逃げようとする様子を見せず、手を握っている二人を警察は不審に思います

警察に疑われ、ショックを受けたアイビーは、ティムの元へ行きますが、ティムが既婚者であったことを知ってしまい、さらに傷つくのです。

しかも、その帰り道にアイビーは男性に襲われます。

アイビーを襲ったのは、フィービーの父親でした。

アイビーは、かれの気持ちをくんで、彼を許しました。

ひよ子
ひよ子
アイビーは、フィービーを助けようと画策します。

アイビーの犯行とは?

その後、警察は、ホワイトには行方不明になっている弟がいることを突きとめ、アイビーは、弟の事件の容疑者として逮捕されます。

黙秘を続けていたアイビーですが、真相を語り始めました。

ホワイトの弟は、アイビーを助けようとしてくれていたのですが、ホワイトにより命を奪われてしまったのです。

アイビーは、その後始末をさせられました。

真相がわかり解放されたアイビーですが、今誘拐されているフィビーを助けるために、自分が囮になることを提案します。

囮作戦により、フィービーは無事保護されましたが、アイビーは再び誘拐されてしまいました。

ホワイトの車を目撃したエリオットたちは、車の前に飛び出し、交通事故に遭ってしまいます。

ひよ子
ひよ子
アイビーのやったことは、仕方がないことでした。

最終回結末は?犯人はどうなる?

アイビーは、ホワイトの家で目を覚まします。

アイビーはあの日「自分はホワイトから逃げたのではない」と言いました。

ホワイトを探すために外に出たのだと訴えます。

そうして、手足の拘束を解かれたアイビーは、すきを見て、ホワイトの命を狙うのです。

アイビーは、もう自分を自由にしてほしいと言いました。

アイビーは、過去にホワイトの子供を身籠ったこともありました。

子供は流産してしまいましたが、アイビーは、ホワイトの子供を産むことは嫌でたまらなかったのです。

しかしアイビーは、ホワイトに気絶させられてしまいます。

一方エリオットは、フィービーの情報をもとに、アイビーの居場所を特定していました。

しばらくして、意識を取り戻したアイビーは、ホワイトの舌を噛み、脱出を試みます。

ホワイトの家は火の海になっていました。

アイビーの気持ちが自分にないとわかったホワイトは、一緒にあの世に行こうと思ったのです。

必死の思いで脱出したアイビーを、アイビーの家族は抱きしめました。

ひよ子
ひよ子
やっとアイビーは自由の身になれました、が…。

【13サーティーン】イギリス原作の感想

13歳の時に誘拐されてから13年間、監禁されていた女性が主人公という、なんとも気が重いストーリーで、最初は「見るとトラウマになるかも」というような恐怖もありました。

しかし、主人公のアイビーの強さやたくましさには何度も感動しましたし、彼女を取り巻く家族や元恋人の存在にも救われました。

アイビーの時間は13歳から13年間止まっていたので、実年齢を考えると幼い部分もあるのですが、家族や元恋人の時間は進んでいたことをきちんと受け入れ、順応していく姿は誰よりも大人です。

現在では、家族はすでにバラバラだし、元恋人とも元通りにはなりません、

でもアイビーを見ていると、過去を乗り越えて、人生をやり直せるのではないかという希望が湧いてきました!

本作は、誘拐事件の被害者のその後を描く…というよりは、過去の事件や、また新たに進行中の事件を扱うミステリーでもあります。

イギリスドラマ版では、5話だったので、怒涛の展開にハラハラしながら、あっという間に終わってしまったという印象ですね(^^)

ひよ子
ひよ子
全て失ったアイビーですが、彼女の今後にも希望が持てます!
【13サーティーン】イギリス原作ドラマを動画配信で無料視聴する方法は?13サーティーンは、13年前に誘拐され監禁されていた少女のお話です。 主人公アイビーを演じたのはジョディ・カマーさんでしたね! ...
スポンサーリンク

【13サーティーン】日本ドラマの最終回結末は?


日本ドラマの最終回結末は、原作とほぼ同じになると思います。

13年間も誘拐されていて、心身ともに疲弊している主人公・百合亜(桜庭ななみ)。

でも、警察からは犯人を誘惑したのではないか?と疑われてしまいます。

犯人は、また別の少女を誘拐しますが、百合亜はその少女を助け、犯人とちゃんと向きあうのですね。

そして、犯人との関係も自分でけじめを付けていきます。

13年間も、外界と遮断されていたのに、自分の人生を自ら切り開く強さ、そして見ず知らずの少女を救おうとする優しさ。

百合亜にはそんな所があります。

現実には、13年前のものは何も残っていませんが、それを百合亜は乗り越えていくのでしょね!

イギリス原作は5話でしたが、日本ドラマは4話になります。

ですので、さらにスピーディーで目が離せなくなりそうですね(^^)

さいごに

今回は、日本でドラマ化されることが決定しているドラマ「13サーティーン」の、イギリス版原作のあらすじやラストのネタバレなどを紹介しました。

本作は、誘拐監禁事件を扱った怖いサスペンスドラマでしたが、家族の繋がりを大切にした温かみのあるホームドラマのような要素もあり、もちろん事件を追うミステリードラマでもあり、見ごたえは十分です。

何度も傷つき、苦悩し、それでも強く優しく生きていこうとする主人公を、桜庭ななみさんがどう演じるのか、興味深いですね(^_-)-☆

スポンサーリンク