恋する母たち

恋する母たち【1巻】あらすじネタバレ!30代後半女性が共感する?

2020年10月よりTBSの金曜ドラマ枠で「恋する母たち」がスタートします。

原作は、「東京ラブストーリー」や「あすなろ白書」で有名な柴門ふみさんです。

柴門ふみさんの作品は、アラフォー以上の世代の女性にとっては、バイブルのような存在ですよね!

さらに柴門ふみさんがタッグを組む脚本家は、「セカンドバージン」や「大恋愛~僕を忘れる君と」で知られる大石静さん。

大人の女性必見のラブストーリー作品となることは間違いなしです。

今回はそんな「恋する母たち」の原作漫画第一巻のあらすじを紹介します(^^♪

スポンサーリンク

恋する母たち【1巻】あらすじネタバレ


杏(木村佳乃)、マリ(仲里依紗)、優子(吉田羊)は、名門中学に通う息子たちの母親です。

しかし3人の息子は、成績が悪く、このままだと落第の可能性もあると担任教師から忠告を受けました。

杏は、パートで生計を支えているシングルマザーで、慌ただしい生活を送る毎日。

マリは、弁護士の夫と3人の子供を持つ優雅な専業主婦で、いつもおしゃれな女性。

優子はキャリアウーマンであり、家事と仕事を両立させています。

彼女たちは、子供の母親ではありますが、それぞれに女性として満たされない思いを抱えていました。

ある日の保護者会で、杏はマリから、不倫をしていることを言い当てられ、ドキリとします。

杏の夫・慎吾は、息子の研の中学入学の前日に突然姿を消しました。

慎吾は、会社のお金を横領したというのです。

ひよ子
ひよ子
慎吾はどうして横領したのかな?使い道が知りたいっ!

杏は、慎吾のことを心配していましたが、慎吾がいなくなってから10日後に斉木(小泉孝太郎)という男と出会います。

斉木の話によると、慎吾は斉木の妻と不倫をしており、駆け落ちしたということでした。

現実を受け入れられない杏でしたが、斉木から慎吾と斉木の妻のメールのやりとりを見せてもらい、ようやく事実を受け入れます。

深く傷つき、号泣する杏に斉木がキスをしました。

杏は斉木に対して、特別な感情があるわけではありませんでした。

…それから10年。

久々に斉木から杏のところに連絡が入りました。

慎吾の居場所がわかったというのです。

慎吾と斉木の妻はすでに別れており、慎吾は別の女性と沖縄で暮らしていることを知ります。

また、斉木と斉木の妻はずっと前に離婚を成立させていました。

慎吾からの連絡を密かにずっと待っていた杏は、ひどくショックを受けました。

杏は斉木と再び連絡を取るようになりますが…。

ひよ子
ひよ子
杏は斉木は恋に落ちるのかっ?

恋する母たち【1巻】感想は大人の恋愛に共感!?


柴門ふみさんの作品は、昔から大好きでした!

「東京ラブストーリー」や「あすなろ白書」、「同級生」など、どの作品にも女性にとっての憧れのシチュエーションの恋愛が描かれています。

しかし、その一方で、主人公の女性たちは、常識的な大人であるため、自分の気持ちに真っ直ぐにはなりきれずにいて、現実的でもありました。

柴門ふみさんの作品には、ラブストーリーの世界らしいキラキラした恋愛だけではなく、女性が直面してる現実、彼女たちのリアルな想いも鋭く描かれています。

だから彼女の作品には、何度も共感し、自分が今までに感じたうまく言葉にできなかった思いが形になっていることを感じました。

「恋する母たち」には3人の母親が登場します。

彼女たちの共通点は、中学生の息子を持っていることアラフォーであることです。

夫に浮気をされ出ていかれた杏、一見何不自由ない生活をしているが刺激のない日々にうんざりしているマリ、社内の人との不倫に夢中になっている優子。

3人は母親ではありますが、女性としての顔も密かに持っています。

全く違う性格で、全く違う境遇で、それぞれ大切なものも、周囲から求められている役割も全く違うのですが、彼女たちは、やりきれない思いを抱えていました。

そんな3人が出会い、お互いに自分の気持ちをさらけ出すようになったことで、3人の人生や心の在り方に変化が生じます。

女子大生やOLの恋愛を描いてきた柴門ふみさんが描く大人の女性の恋愛。

かつては、柴門ふみさんの作品の女性たちに憧れる小学生だった私ですが、今は本作の主人公たちとはほぼ同じ世代になります。
柴門ふみさんの作品の主人公たちを、同じ目線で見つめられることに幸せを感じました。

年を重ねるごとに、求められる社会的役割や立場は増えていき、それぞれの顔は異なるのですが、全部自分であることには変わりはありません。

いろんな自分に折り合いをつけ、バランスよく生きていたはずの彼女たちが、恋をすることにより、そのバランスを崩してしまう…。

危険だとは思いながらも、そのスリルにドキドキしてしまいます!

ひよ子
ひよ子
彼女たちに共感するのがいいんですよね!
スポンサーリンク

恋する母たち【1巻】みんなの声は?


みんなの声には、主婦も不倫相手もスペックが高すぎる!との声がありました。

確かに一言で主婦と言っても、3人とも経済的に裕福だったり、息子が有名中学に通っていたりします。

不倫相手は人気落語家など、これまた普段では有り得ない職業です。

だからこそ、非日常的で、引き込まれるんですね!

「ありそうでない主婦の話です。主婦のおとぎ話と言ったほうがいいかな。だから、主婦として現実的でない話としてハマりました。それぞれの不倫相手がみなスペックがいいし、当人達も何だかんだと普通の主婦ではありません。」

「ドンピシャ「東京ラブストーリー」世代なので、柴門ふみ先生の作品が読めて嬉しいです〜!
息子が名門私学高校1年生の3人の母、それぞれの結婚模様、恋愛模様、人生模様が描かれていて、ドキドキしながら読んでいます。
おススメです。」
(引用:めちゃコミック

40過ぎると共感できる、という声がありました。

「東京ラブストーリー」はいまいち共感できなかったけど、この物語には共感してしまう、という気持ちはとても良くわかります。

もう恋愛からは卒業してしまったからでしょうか?

だからと言って、また恋愛する勇気もないので、漫画を読んで気持ちだけ…、というのもアリですね!

ひよ子
ひよ子
30代後半の女性におすすめかも!?

「私も母親ですが、気持ちすごくわかります!結婚して子供が産まれたって母親だって一生女だから!!
ただ、漫画で満足なのでマイカー楽しみにしてます。」

「無料配信を読んだところです。10代や20代ではあまりピンと来なかったかもしれませんが、30代後半くらいの方ならグッと引き込まれる作品のように思います。結婚して、子供が産まれて。幸せだけど、毎日が家族の為に、子供の為にと動いている。そんな人に、ハッとさせられる部分のある作品のように思います。」
(引用:めちゃコミック

そして、この漫画を読むと、普段の何気ない毎日が輝いて見える、との声がありました。

これこそ柴門ふみさんが言いたかったことなのかもしれません!

「幼い男の子と過ごす今、15歳の男子との生活を覗いてみたくなり、よんでみた。柴門ふみ先生、さすが飽きさせない。どんどんどの登場人物も気になっていく、はじめは憎かった人もどんどん許容していく。若いときみたいな、盛り上がっていく、ハッピーエンド、ではない恋愛(それも荷物を抱えてまでする)のリアルなかきかたがとても秀逸で、読了後は不倫願望どころか家族との平凡な暮らしが輝いて見える。笑 おすすめです。
(引用:めちゃコミック

さいごに

今回は、この秋から放送されるドラマ「恋する母たち」の原作漫画第一巻に関する情報をお届けしました。

本作は、不倫をテーマにした作品ですので、またしても賛否両論あり、話題になると思います。

金曜日の夜がちょっぴり刺激的なものになりそうですよね(^_-)-☆

恋する母たち【2巻】あらすじネタバレ!マリと丸太郎の恋の行方は?2020年秋より、木村佳乃さん、仲里依紗さん、吉田羊さんがメインキャストを務める新ドラマ「恋する母たち」がスタートします。 本作は...
スポンサーリンク