卒園・入学準備

入学前に時計を読めるようになる方法をご紹介します!

年長さんの息子はまだ時計が読めません。
そんなにあせらなくてもいいのですが、やはり読める子を見ると気になります。

そこでどのようにしたら読めるようになるのでしょうか?

スポンサーリンク

短針・長針を別々に説明する

時計の読み方は子供にとって難しいと思います。
なぜなら読み方の違う2つの針があるためです。
ですので、まずは短針と長針を別々に説明します。

短針と長針の文字盤をそれぞれ用意する

画像のように短針用と長針用のものをそれぞれ用意します。
無料サイトなどからダウンロードできます。
サイズが合うような鉛筆など先のとがったものを用意します。

長針用の用紙には放射線を書き込みます。
短針用の用紙には1~60までの数字を記入します。

短針の動かし方

まずは1時ぴったりに針を置きます。
次に1時と2時の間を指したり、行ったり来たりして「全部1時だよ」と伝えます。
全ての時間について同じように説明します。

長針の動かし方

はじめは30分ぴったりに針をおきます。
この時次のように伝えます。

「30分はこの目盛りが30個あるんだよ」
「目盛り数えてみて」⇐数えるのが好きな子にはオススメ!
「30分は半とも言うんだよ」⇐30分=半=1時間の半分という概念を教えます。

同じように15分、10分、5分、1分とどんどん短く伝えていきます。

毎日の生活で時間をプラスして伝える

やはり毎日継続して声をかけるのが大切です。

声のかけ方は時間もプラスして伝えることです。
できれば一緒に時計を見て確認します。

「おはよう。今日は7時ぴったりに起きてこれたね。」
「保育園に行く時間だよ。もうすぐ9時だよ。」
「今日は4時30分にお家に着いたね。」(保育園から帰ってきたときなど)
「おやつは5時ぴったりに用意するね。」
「夕飯は6時30分からね。」
「9時にはお布団に行こうね。」

ポイントは8時や8じ30分などぴったりに言うことです。
慣れてきたら15分単位、10分単位、5分単位、1分単位などで伝えていきます。

おすすめ動画 さんすう犬ワン

こちらの動画では、子供の間違いやすいポイントについて説明しています。
短針の間違いポイント、長針の間違いポイントそれぞれ理解できます。

大人はもう慣れているので、なぜ子供が時計が読めないのか理解しにくいです。
子供の視点に立って理解したいですね。

さんすう犬ワンで時計の読み方を学ぶ

第19回が時計についての動画になります。

おすすめ絵本

『とけいのえほん』 時間の概念など幅広く学べます

時間とその時の情景が描かれていて、直感的に時の感覚が掴めます。
対象年齢は0~3歳ですが、我が家の子供達(5歳と4歳)も楽しんで見ています。

時間だけでなく太陽の位置なども描かれているので、時間と太陽の関係も教えられます。

「太陽は東から昇るのよ。東の方向はこっちだよ」
「太陽がお家に帰ってしまったね。ここは西の方向よ」

など伝えれば方位の勉強もできます。

これだけで時計が読めるようにはならないと思いますが、時間に興味を持てるし時間の概念を身につけられるはずです。

『音の出るとけいえほん いまなんじ?』 時間の読み上げ機能が便利です

時計が付いていて、1分単位で「〇時〇分」と読み上げてくれます。

音の出る絵本シリーズは子供が遊びながら学んでくれます。
ママが側にいなくても学んでくれるのがいいですね。

時間のクイズもあります。
クイズが好きな子には楽しんで時間が学べます。

音の出る絵本シリーズ全般に言えることですが、すぐに飽きる可能性はあります。
はまる子ははまると思いますが…。
長く使うにはやはり親も一緒に読んであげることが大切ですね。

『くろくまくんのとけいえほん 時計のみかたが楽しくわかる』 短針と長身が連動しているのがポイント

長針と短針が連動しているので、時計についてより深く学べます。
全体的に絵本のようにストーリーになっているので、絵本のようにストーリーだけを読んだり、時計も動かしながら読んだりできます。

付いている時計は小さい子が回すと力加減がわかりませんので、壊してしまうこともあります。
内容も少しレベルが高いので、小学入学前後くらいのお子さん向けかと思います。

おすすめ目覚まし時計

くもんのスタディめざまし

短針と長針の色が別々だったり、短針と長針の読み方がそれぞれわかりやすい文字盤になっています。
くもんならではのよく考えられている時計です。
時計が初めてのお子さまにぴったりです。

セイコー クロック 目覚まし時計

こちらも短針と長針の色が別々で、かつ短針と長針のそれぞれの読み方がわかりやすい文字盤になっています。
さらにアラーム音が2種類あったり、スヌーズ機能付きだったり機能が多く付いています。

ですのでお値段もくもんの時計より少し高くなります。
色はピンクとブルーがあります。

最後に

毎日継続して時間を意識した声かけが必要だと思いました。
絵本も取り入れて楽しく学んでいけたら良いですね。
小さい積み重ねを続けていって、ある日突然時計が読めるようになっていたら嬉しいです♪

スポンサーリンク