Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
卒園・入学準備

入学式で上手に写真を撮る方法とは?

もうすぐ息子の卒園式&入学式がやってきます。
式当日は外で撮影したり、屋内で撮影します。
事前準備や撮影時のポイントについてまとめました。

スポンサーリンク

手振れ補正機能を使う

私のデジカメ機能

私のデジカメは『CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-ZS240SR』です。
以前持っていたデジカメが壊れてしまい、お手頃なこちらを選びました。

値段以外のポイントは光学12倍ズームだったからです。
以前のカメラは光学6倍ズームでしたので。
でも光学ズームが高いと画像が荒くなるので短所もありますが。

その他に手振れに強い性能があります。
カメラ初級者には嬉しい機能です。

是非今お持ちのデジカメやスマホの設定を事前に確認しておいたほうがよいですね。

手振れ補正を防ぐ方法

手振れ補正を自動設定する

室内で望遠で撮影すると手振れが生じやすくなります。
手振れ補正が自動設定できるのなら必ず設定しておきまっしょう。

ISO設定を高くすると手振れを防ぐことができます。
シャッター速度を早くすることができるからです。
しかしISO設定は高くするほど画像が荒くなります。

私のデジカメではISO設定100でも画像の荒さが見られました。
自動設定にしない時は、どこまでISO設定を高くするか事前に確認しておきます。

スポンサーリンク

カメラを持つ時の姿勢

カメラは両手で持ちます。
そのようにすればシャッターを押すときのブレが少なくなり、手振れを防げます。

脇も閉めます。
すると両手が固定されてシャッターを押すときの手元がブレなくなります。

三脚や机の上などにカメラを置く

カメラを固定できれば手振れはかなり軽減できます。
手で持たない状況が作ることがポイントです。

同行者と事前に打ち合わする

当日は旦那様が同行される方が多いと思います。
その場合は旦那様と当日のスケジュールや写真撮影の場所など細かく打ち合わせしておきます。

ママの頭の中では完璧なスケジュールができていても、旦那様に伝わっていなければ晴れの日に喧嘩、なんてことにもなりかねません。
ですので二人でしっかり打ち合わせをオススメします。

式当日について

早めに小学校に到着する

もちろん遅刻しないためでもあります。
写真撮影のためにも必要です。
なぜなら看板や校門の前などは人気の場所ですので、混雑が予想されます。

式が終わって帰りに撮影すればいいかもしれませんが、その時は子供も疲れている可能性が高いです。

ですので良い写真を撮るためには人より早く到着するようにします。

オススメの撮影シーン

記憶に残る撮影シーンは次のようになります。

●親子で手をつないだりして一緒に写真を撮る
●看板や校舎の前で
●看板の前以外の良い場所もオススメ
●大勢の子の中で一人だけ振り向かせたりなど一人だけ○○している写真を撮る

親も一緒に写っていたほうが後で見たとき子供もうれしいと思います。
他の親御さんと写真の撮り合いをすればコミュニケーションも取れます。
ですので是非親子で写真を撮りましょう。

看板や校舎の前での撮影時のポイント

看板の前なら看板から1~2メートル離れて撮影します。
さらに体全体でなく上半身のみを入れます。
すると被写体が大きく写すことができます。

校舎の前で撮影するときも同じで、校舎から離れて撮ります。
その方が壁だけしか写っていない、ということがなくなります。

とにかくシャッターを押しましょう!

子供の表情が笑顔でも笑顔でなくてもとにかくシャッターを押しましょう。
緊張した表情も可愛いですよね♪

笑顔の写真を撮りたいときは?

会話しながら写真を撮るのがいいです。
プロのカメラマンはモデルさんと会話しながら写真を撮ると聞きますよね。
そんな感じで子供と会話しながら写真を撮ります。

それでも緊張していたら「ジャンプ」してもらうのもいいようです。
体の力を抜いてリラっクスさせることができます。
その子に合った体の動かし方ができるといいですね。

式の最中の写真撮影は事前に確認する

式の最中に写真撮影禁止のケースもあるようです。
ですので事前に確認しておきます。

屋内での撮影ではフラッシュが届かない?

フラッシュの届く範囲はカメラによって違います。
通常の内臓フラッシュだと2~3メートルくらいしか届かないようです。

ですので屋内で少し離れた子供を撮影するときはフラッシュは届かないですので、フラッシュはOFFにしておきます。

最後に

入学式は大勢の方が来ます。
そんな中でも素敵な写真が撮れるように事前準備をしっかりやっておきたいですね♪

スポンサーリンク