Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ひな祭り

お雛様を飾るのに良い時期としまう時期はいつ?婚期が遅れるのは本当?

もうそろそろお雛様を飾る時期になりました。
まだまだ寒さが厳しいですが、今が寒さのピークでありなんとなく春めいている雰囲気もでてきました。

お雛様は春を感じたら飾るものなのですね。

今回はそんなお雛様を飾る時期はいつが良いのかについてです。
その地方特有のしきたりなどもあるかと思います。
そんなしきたりも学べるといいですね。

スポンサーリンク

お雛様を飾る時期はいつがいいのか?

立春から

飾り始める時期は立春(節分の翌日、2月4日ごろ)から2月中旬にかけての大安の日に飾るのが良いとされています。

節分で豆まきをして厄を払ったあとに福を招き入れるために飾るのです。

雨水の日から

二十四節気のひとつ「雨水(うすい)」に飾るとよいと言われるところもあります。

雨水は、温かさに雪や氷が溶けて雨水として降り注ぐ日。
「暦便覧」には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と記されています。

この時節から寒さも峠を越え、だんだん春らしさか感じられるようになります。
それゆえ昔から農耕の準備を始める目印にもされてきました。

そんな物事の始まりの日に飾ると良縁に恵まれると言われています。
雨水の日が始まるのは毎年2月18日、19日にあたります。

一夜飾りはNG

ひな祭りの前日に飾る「一夜飾り」は縁起が悪いと言われていますので、飾るならなるべく早めに飾りましょう。

大晦日に門松や松飾りを飾ることを「一夜飾り」と言います。
この「一夜飾り」は良くないことと言われています。

理由はお葬式は「一夜飾り」であるためと、次の年の歳神様は31日の朝にやってくるためなどです。

お雛様に込められた意味は、お人形が女の子の厄を受けてくれること、女の子の健やかな成長などです。
そんな重要な意味があるのに「一夜飾り」ではお雛様を飾る意味も薄れてしまいそうです。

ですので「一夜飾り」にならないよう飾りたいですね。

お雛様をしまう時期について

3月5日以降のお天気の良い日で

3月2日の前日は宵節句、3日の当日は本節句、翌4日は送り節句になります。

なので雛人形を片づけ始めるのは3月5日以降が良いとされています。

またお雛様は絹の着物で作られているので湿気に弱いです。
お天気の良い日を選んでしっかり乾燥させてから保管しましょう。

人形店でもそのようにアドバイスされます。

しまう時期が遅れてしまった時は?

お雛様を後ろ向きにして飾っておきます。

こうすることでお雛様が「帰られた」「眠っている」という意味になるからです。

そうしてなるべく早めにしまうように心がけましょう。

お雛様をしまうのが遅くなると婚期も遅れるの?

1つ目の理由「厄払い」

お雛様は元々天皇皇后の結婚の儀を現しており、また女の子の厄を引き受けて食える人形でもあります。

そんなお人形なのに、出した後きちんとしまわないのはお人形に対して失礼になります。
また厄を受けてくれたお人形をいつまでも飾っておくのはよろしくありません。

そのため早く片付けたほうがよい、と言われるようになりました。

スポンサーリンク

2つ目の理由「躾のため」

「片付けもきちんとやりなさい」という女の子に対する躾のためです。
片付けもできないようだと素敵な旦那様に巡り会えませんよ、という意味がこめられています。

3つ目の理由「早く結婚するため」

「早く飾りだす=早く嫁に出す」「早く片付ける=早く嫁に行く」という婚礼になぞらえた言葉遊びです。

結婚は今も昔も女性にとって幸せの象徴です。
そんな結婚は昔は早いほうが良いとされていました。

最後に

お雛様は女の子のお祝いのためのお祭りです。
それは女の子の幸せな結婚を願ってのお祭りなのですね。

子供はいつか巣立っていくものですが、幸せな将来を思い、願うことも親のつとめです。
是非お雛様を飾って、素敵なお祝いをしたいですね♪

【ひな祭りの関連記事はこちらです】

お嫁にいらした姉様にの意味とは?作者の悲しい過去が込められるいる?ひな祭りの歌と言えばサトウハチローさん作詞の「うれしいひな祭り」を思い浮かべます。 その歌詞の中で『お嫁にいらした姉様によく似た官...
雛あられに込められた意味とは?関東と関西の違いって何?ひな祭りのお菓子と言えば雛あられを思いつく方も多いはずです。 私は甘くて美味しい…、とイメージしますが地域によっては別のイメージのよう...
スポンサーリンク