Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ひな祭り

雛あられに込められた意味とは?関東と関西の違いって何?

ひな祭りのお菓子と言えば雛あられを思いつく方も多いはずです。
私は甘くて美味しい…、とイメージしますが地域によっては別のイメージのようです。

今回はそんな雛あられについての記事になります。

スポンサーリンク

ひなあられの由来と色の意味

まずひな祭りの原型について

ひな祭りの原型は平安時代の貴族のお人形遊びになります。

ひいな=小さくて可愛らしいもの

これがひな祭りの語源のようです。

それに男女一対のもの、人の厄の身代わりとしての役割がついて、現代のようになりました。

雛あられの由来は?

江戸時代の「雛の国見せ」という風習からきているようです。

「雛の国見せ」とは春になった華やかな季節に、お雛様を野山や川辺など外に持ち出して、春の景色を見せてあげることです。

春のルンルン気分をお雛様と一緒に味わうなんて素敵な風習ですね。

その時春のご馳走と一緒に持って行ったのが雛あられのようです。

菱餅では持ち運びしにくいし食べにくいので、外でも持ち運びしやすく、食べやすいように菱餅を砕いたのが始まりのようです。

ひな祭りは時代と共に姿を変え現代のようになりました。
雛あられもそんなひな祭りと共に形を変え、今のようなお菓子になったようです。

三色の雛あられ

雛あられの3色は菱餅の三色と同じです。

この白、緑、赤の三色は春の色を現しています。

●白・・・雪

●緑・・・草木

●赤・・・花

さらに次のような願いが込められています。

●白・・・清浄、邪気を祓う

●緑・・・健康、長寿

●赤・・・魔除け

次のような意味もあります。

白・・・雪の大地のエネルギー

緑・・・木々の芽吹きのエネルギー

赤・・・生命のエネルギー

生命が一気に目覚め始める春のエネルギーを、女の子にもとの願いが込められているようです。

我が子に健康に、健やかにと願うのは昔から変わらないのですね。

4色の雛あられ

3色の雛あられの意味は分かりましたが、さらに黄色の入った4色の雛あられもよく見られます。
これは四季を現しています。

白、赤、緑、黄はそれぞれ冬、春、夏、秋です。

冬・・・白い雪の色

赤・・・桜の桃色

緑・・・木々の緑色

黄・・・紅葉の黄色

自然を大切にした四季を感じられる日本ならではの発想ですね。

この四季を取り入れて「1年を通して幸せを願う」という意味が込められています。

関東と関西の雛あられの違い

関東の雛あられ

関東の雛あられはお米をそのままの形でふくらませ、砂糖などで味付けしたもので「ポン菓子」とも言います。

「ポン菓子」とはお米などの穀物で作るお菓子のことです。
これに食紅で赤や緑の色を付けます。
なので小粒で軽いサクサクとした食感であり、甘いお菓子になります。

原料はうるち米になります。

関西の雛あられ

関西ではお餅を小さく切って揚げ、塩や醤油、青海苔、エビなどで味付けしたものです。
お餅から作られているのは、菱餅を砕いて炒っていたからと言われています。
形は関東のものより大粒です。

これはかきもちの原型です。

雛あられの元祖は関西か関東か?

雛あられを辞書で引くと『米粒を加熱してふくらませ,紅・白・青・黄などの砂糖蜜をまぶしたもの。』(weblio辞書)とありました。

ひな祭りの桃の節句などを含む5節句は奈良時代からありましたが、宮中行事でありました。

それが江戸幕府により公武行事に制定され、庶民の生活の中にも5節句の行事が広まっていきました。

ですので辞書には「米粒」と書かれていて、雛あられは関東のもの示しています。

しかし平安時代の「ひいな遊び」が原型であることなどを考えると、やはり関西が元祖のような気がします。

最後に

いずれにしてもひな祭りは女の子の健やかな成長を願うお祝い事です。

そんな願いを込めてお雛様を愛でたいですね。

ひな壇のそばに折り紙のお雛様を飾ったり、雛あられを置いたりして華やかに楽しく過ごしましょう。

【ひな祭りの関連記事はこちら】

スポンサーリンク