卒園・入学準備

入学式に大好きな着物は着ないと決めた理由とは?

私は自分で着付けできませんが、着物大好きです。

特に訪問着の絹の肌触りが気に入っているのですが、着物のデメリットはとにかく動きにくいことです。

子供のお祝い時には全て着物を着て写真撮影してきました。
お宮参りや、七五三、入学式用の記念撮影など。

ですので当然入学式も着物で、と思っていたのですがやはり動くにくく、しかも入学式は全部で3時間近くかかるので、その間のトイレも大変そうです。

しかも旦那は一緒に出席してくれません(>_<) 10回くらいお願いしたのですが、聞く耳持たずでした。 仕方ないので泣く泣く入学式での着物は諦めました。

スポンサーリンク

入学式で着物を着ることのデメリットは?

着物のデメリットについて上げてみます。

●目立つ(メリットでもありますが)
●動きにくい
●雨だと裾や白い足袋が汚れる心配がある(草履用のカバーがあれば大丈夫)
●一回り大きく見える
●所作をある程度身につけていないと綺麗に見えない(大股ではなく稼働可能範囲で歩く、階段などでは裾をあげるなど)
●トイレが大変
●入学式は荷物が多い(旦那様が一緒に出席してくれれば大丈夫)

着物を着慣れている人であればいいのですが、たまーに着るだけですといろいろ大変です。

私も子供のお祝い事でたまーにしか着ないのでとても大変です。

それでもプライベートで行動するときはいいのですが、入学式など団体行動での着物はどんくさい私の場合行動がついて行けないかも…。

入学式で着物を着るメリットは?

入学式はお子さんが主役なのですが、子供にとってはやはりお母さんが主役です。

着物を着ると誰でも可愛く見えます。
「馬子にも衣装」です。

特に訪問着の輝きは、着る人をも輝かせてくれます。

主役のお子さんにもお母さんの着物姿を「可愛い~♡」と言って貰えますよ!

その他に良く聞くのは着物を着ているお母さんは「きちんとしている人」に見られると言うことです。

着物は着付けに時間がかかります。

いくつも紐で縛ったりして、とても大変です。

そんな裏側があるからこそ、着物は美しいのかもしれませんね。

そんな着物を着ていれば自ずときちんとした人に見られるのも納得できます。

また着物姿は目立ちます。

着る人が少ないこともありますが、全身「着物」に包まれているので華やかになります。

スーツも素敵ですが、やっぱりみんな同じ雰囲気になります。

いつもはカジュアルでシンプルな格好でも、いざとなったら着物でバッチリ決めるお母さんって素敵です。

着物で素敵に目立つのなら嬉しいですよね。

着物のレンタルも意外と安い

着物は意外と安くレンタルできます。
しかも小物や草履、着物バックなどすべて付いてのお値段です。

着物は持ってないけど興味のある方は是非チャレンジしてみるのもいいですね。


【レンタル】 訪問着 レンタル 9,800円(税込)【往復送料無料】フルセット

雨対策にあると便利な着物小物

雨の時は着物と草履の汚れが心配です。

足先は真っ白な足袋を履いているので、泥などが付いたらとても悲しくなってしまいます。

ですので雨の日対策として必要な物は、

●草履カバー
●着物用のレインコート

になります。

草履カバーは安いので是非揃えておきましょう。


(640円 税抜 送料別)

着物用のコートは一つあると便利です。

雨でなくても外に出るときに着ていると、着物や帯が擦れるのを防いでくれます。(着物屋さんに教えていただきました)

羽織でもその役割はありますが、レインコートのほうがさらに便利です。

着物を着る機会が多い方、今後着物を着る機会を増やしていきたい方にはオススメです。


(1,400円 税込 送料別)

私の持っているレインコートは母から貰った着物タイプですが、今はこんな雨合羽のようなタイプもあります。

お手頃に揃えられます。

最後に

着物は大変ですが、私も本当は着物で入学式出席したかったです。

なので当日は着物をきているお母さんを見て、とても羨ましく思うことでしょう。

ちょっと面白くないので、今後プラべートで着物を着れるチャンスがあったらどんどん着たいと思います!

着物に少しでも興味のあるお母さんも是非入学式に着物を検討してみてください。

着物を着ると日本人で良かったー、と思いますよ♪

【入学式は着物の関連記事】
[blogcard url=”https://kiiroihiyoko.com/3792.html”]

スポンサーリンク