Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
通信教育

チャレンジ1年生タブレットと紙どっちがいい?我が家の口コミと評判!

小学1年生になると通信教育が気になります。

通信教育も紙タイプとタプレットタイプがあります。

そんな中我が家は進研ゼミ小学講座の紙タイプを始めました。

なぜ進研ゼミを選んだのか、なぜ紙タイプを選んだのかをご紹介します。

進研ゼミチャレンジ1年生を選んだ理由について

なぜ進研ゼミ チャレンジ1年生を選んだのか?

今回は進研ゼミを選びました。

頻繁に郵送されてくる宣伝用のDVDなどは欠かさず見ていたので、息子はすっかり「コラショ」の大ファンになっていました。

ですので息子は「チャレンジスタートナビ」と「めざましコラショ」が欲しくて仕方がありませんでした。

ベネッセの戦略にまんまとはまってしまいました(^^;)

実は進研ゼミの他にも検討していた通信教育がありました。

Z会とドラゼミです。

資料請求もしました。

2つとも教科書準拠ではありませんが、教科書の内容を網羅しつつ、オリジナル問題を取り入れているようです。

親としてはZ会やドラゼミがいいのですが、進研ゼミと比べるとテキストや問題集にが少なくなります。

子供から見たら、やはり絵が多くてカラフルなほうが楽しく取り組めるようです。

息子にZ会やドラゼミの資料請求をして問題をやってもらいましたが、やはり進研ゼミが良いと言いました。

と言うわけで我が家では進研ゼミ小学講座を受講することにしました。

チャレンジ1年生のレベルについてはこちらの記事をどうぞ♪

チャレンジ1年生はレベルが低すぎる?合う子と合わない子はどう違うのか? チャレンジ1年生は難しいのか簡単なのか、また続けるべきか辞めたほうがいいのかについて調べてました。 いろいろなお母さんの意見を...

なぜタブレットではなく紙タイプにしたのか?

今回はタブレットではなく、紙タイプを選択しました。

理由は息子がチャレンジスタートナビを欲しがったためです。

でもチャレンジタッチの広告を見せたら、おそらくチャレンジタッチが良い、と言ったと思います。

しかし私の判断で、まだ1年生なので紙ベースでの学習のほうが良いかと思い、「チャレンジタッチ+紙ベース」での学習スタイルを選びました。

結果として紙ベースを選択したことは正解でした。

なぜ紙ベースが良かったの理由は下で説明します。

チャレンジタッチのメリットとデメリット

学校では紙と鉛筆のスタイルで授業を受けています。

そのため家でも紙と鉛筆のスタイルで学習することが楽しいようです。

ですので小学校低学年ならば学校での授業と同じスタイルのほうが良いと思います。

まだ書くことが楽しい年代ですから(^^)

チャレンジスタートナビの良いところは問題が正解すると褒めてくれることです。

しかも1回褒めるのではなく、何度も言葉を替えて褒めてくれます。

子供は褒められることは大好きなので、とても学習意欲に繋がります。

さらに私にも見せに来てくれるので「良くできたね~!」と褒めてあげればさらに嬉しいはずです。

1年生はとにかく褒めることが大切だと思いました。

またテキストの「♪」のマークが付いている所にチャレンジスタートナビを置くとコラショが問題のヒントを言ってくれます。

学習する時にひとりぼっちでなく、いつもコラショが応援してくれるのも子供は嬉しいようです。

チャレンジスタートナビのデメリットは画面が小さいので目が悪くなりやすいのではないか、という所です。

この対策としては、連続で長時間チャレンジスタートナビを見続けないようにすることだと思います。

そのために連続でチャレンジスタートナビを操作するのは10分間と時間を決めてやらせています。

その他の対策は「明るさ変更」で画面の明るさを下げることです。

普通のPCもブルーライトが目に悪いと言われています。

チャレンジスタートナビはそこまで細かい設定はできません。

でも明るすぎないほうが目には良いと思います。

「設定」→「明るさ変更」と進むと、明るさを1~5まで調整できます。

ここを私は1に設定しています。

本当は保護フィルムを貼りたいのですが、保護フィルムを貼るとタッチの反応が悪くなるので貼らない方が良いそうです。

もう少し難しい問題が良いとき

「考える力・プラス講座」というものがあります。

こちらの問題内容はまさしくZ会やドラゼミのような内容だと思いました。

いわゆる教科書準拠ではない考えなければできない問題です。

この講座の受講料は小学1~2年生の場合は、

●毎月払い:2,484円(1年で29,808円)
●1年分1括払い:2,359円(1年で28,308円)

となります。

教材内容は次のようになります。

●メインテキスト
●赤ペン先生の問題
●体験クラフト
●答えと指導ポイント

このようなレベルになると本格的な勉強になります。

我が家の場合は、まだチャレンジ1年生のテキストだけで十分楽しんでいるので、「考える力・プラス講座」は考えていません。

息子が「もっと問題をやりたい」と言いだしたら検討したいと思います。

「考える力・プラス講座」はすぐには始めませんが、この講座のコンセプトはいいなぁと思います。

「考える力・プラス講座では、答えが見えない、答えが1つではない問題を学んだことを組み合わせて活用し解決していく力を育成していきます。
この力が未来を生き抜くために必要な力だから…。」
進研ゼミ小学講座 考える力・プラス講座 請求資料より

1つの物事を算数、国語、理科、社会とさまざまな方向から見る方法です。

私も物事を様々な方向から見ることは苦手ですが、一生懸命頭をひねって考えるようにしています。

子供も親もそのような姿勢はとても大切です!

こちらの記事もどうぞ♪

チャレンジ1年生努力賞とキャラクターでやる気UP!口コミや料金は?

さいごに

息子がチャレンジスタートナビが欲しいと言うので進研ゼミを初めてみました。

でもすぐに飽きるだろうと思い、2ヶ月(2ヶ月以上受講しないと解約できないので)で解約しようと思っていたのですが、以外と楽しそうに学習しています。

できたらこのまま素直に続けていってくれると嬉しいです、がどうなるかわかりません。

また暫くしたら近況をご報告させていただきます♪