Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ミスジコチョー

高橋メアリージュンの実家と難病のその後の経過は?母の教育方針がヤバイ?

「高橋メアリージュン」さんは、「益若つばさ」さんや「佐藤かよ」さんと同じ事務所に所属し、2004年4月に『CanCam』専属モデルとしてデビューしました。

現在ではモデルはもちろん映画やドラマ、CMなど様々なフィールドで活躍しています。

しかし、華やかな顔の素顔は壮絶な人生を歩んだと言われています。

今回は高橋メアリージュンさんが、どんな道を歩いてきたのかを深掘りしていきましょう。

スポンサーリンク

【高橋メアリージュン】お母さんの教育方針とは?

『Aスタジオ』などのトーク番組でも紹介されていますが、高橋メアリージュンさんのお父さんは日本人お母さんはスペイン系フィリピン人です。

ご両親の出会いは、当時お母さんが働いていたパブでした。

お母さんの魅力に惹かれたお父さんが求婚して、お店を辞めさせたほどの熱愛だったそうですよ。

そんなお母さんは元ダンサーでアーティストになる夢をメアリージュンさんに託し、モデルになるための英才教育を行なっていました。

その教育方法の基本は全てにおいてポジティブシンキング、前向きなものだったようです。

ここでは多々あるエピソードの一例をご紹介しましょう。

まずはじめに、モデルの基本はポージングとウォーキング。

3歳の頃からポージングや姿勢の教育を始め、ウォーキングの練習と称してミカンを頭の上に乗せて延々歩かせていたそうです。

またある時は、洗濯バサミで鼻をつまむことであくびをした時に鼻の穴が広がらないようにしたそうです。

時代が時代ならモデル版『巨人の星』の「星一徹」的な特訓ですね(*゚д゚ノノ

あ、「星一徹」をご存じない方はググってみて下さいね!

そんな特訓が続く中、メアリージュンさんが中学1年生の時に父親が経営していた会社が倒産し、生活は一変しどん底まで突き落とされました。

あるクリスマスの夕飯は、インスタントラーメンに卵を落としたものだけでした。

そこでお母さんいわく「モデルはスタイルを維持しないといけない、お肉を我慢する練習ですよ。」

外に遊びに行くにはお金がかかる、そんな時は家でひたすらダンスをして「こんな時こそ、普段溜まりがちなカロリーをダンスで消費しなさい。」

こうしてメアリージュンさんはオーディションで頂点に登り詰めたのですが、ご本人は「いつも前向きなお母さんのお陰で貧乏も苦労とは思いませんでした。」と後に語っています。

これはお母さんとメアリージュンさんの目指すところ、併せて情熱が同じでないと出来ないことでしょう。

親子揃ってポジティブシンキングの勝利ですね!

「今夜11時からのA-Studioは、高橋メアリージュンさん!大好きな家族に極秘取材!!中学1年生のとき父の会社が倒産!?”私が家族を守る”と決心した「琵琶湖会議」とは?次々と襲いかかる病との戦い。母が教えてくれたどんな事でも乗り越えられる魔法の言葉とは?逆境もはねのけるメアリーの強さの秘密に迫る 」
ツイッター

スポンサーリンク




【高橋メアリージュン】今も実家に仕送りしているのか?

前段にも触れましたがメアリージュンさんが中学1年生の時、お父さんが経営していた牛乳販売店が倒産して多額の負債を抱えてしまいました。

生活は困窮し闇金の取り立てから逃れるために夜逃げをしたり、メアリージュンさんは一時祖母が住むアメリカに預けられた事もあったそうです。

しかし、お母さんの持ち前のポジティブシンキングで『貧乏生活』でも心は家族一丸、豊かであったようです。

現在でもメアリージュンさん自身は小遣い制にして、実家に仕送りを続けていて、お父さんとの関係も良好の様です。

実際には事務所からもらった給料を一旦『高橋』名義の家の口座へ全額入れて、そこから自身の生活費やお小遣いを両親が振り込む、という形をとっているそうです。

ちなみにメアリージュンさんは4人兄弟の長女で、弟2人、妹1人も実家への仕送りをしているそうですよ(^^)

「高橋メアリージュン の可愛さがいまいちよく分からなかったんだけど、ネットで調べたら親に仕送りしてるとか、難病と頑張って戦ってるとかで、なんだか応援したくなった(°_°)」
ツイッター

【高橋メアリージュン】難病は完治したのか?

いつもドラマやCMで独自の世界観を表現してくれるメアリージュンさんですが、かつて2度の大病に襲われていました。

しかし持ち前のポジティブシンキングで見事克服して私たちの前に帰ってきてくれました。

2013年11月7日、自身のツイッターで『潰瘍性大腸炎』という国が指定している難病に侵されていることを公表しました。

この病気ではどんな症状が表れるのでしょうか。

主な症状として血便や下痢、悪化すると体重の減少や発熱、貧血などが見られますが、ハッキリした原因が究明されていないそうです。

最初の自覚症状はお手洗いに行く回数が増え、血便が出てきて段々症状が重くなってきたそうです。

丁度この時期は映画『るろうに剣心』の撮影中で、1日に20回以上お手洗いに行くこともあったようで、オムツを着けて撮影に臨んだという
エピソードを後に語っています。

その時メアリージュンさんは医師から「一生付き合っていく病気」とまで言われたそうです。

しかし「治った人がいないなら自分が一人目になればいいんだ。」とお母さん譲りの強い心で2015年には見事に完治したのでした。

しかし運命って残酷なもので、自身29回目の誕生日の2016年11月8日に次の病魔が襲ってきました。

『子宮頸がん』、これまで努力して積み上げたものが一気に崩れ去るような気持ちになったことでしょう。

ワクチンも3回受けていたにもかかわらず発病してしまったことも自身のブログで告白し、ワクチン接種も完璧でないと白日の下になってしまいました。

心配なのは現在の体調ですが、後の検査で他の部位への転移もなく見事に克服したそうです。

ちなみに子宮頸がんを克服した直後に出演したドラマでの演技が好評でした。

「綾野剛」さん主演の『コウノドリ』で、産後うつのキャリアウーマンの役を見事に演じきったんです。

「自分もいつかは子供が欲しい」そう強く願った女性の勝利ですね!

「由美姐さん演じた高橋メアリージュン、公開前は賛否両論だったけど、個人的に作中の雰囲気は好き。彼女は難病指定の潰瘍性大腸炎を患っていて、撮影時はタイミング悪く体調悪くて志々雄竜也様には言わないで点滴打ちながら耐えていたとか…。 」
ツイッター

さいごに

いかがでしたか?

波乱万丈な人生の中で、ひたすら前だけを見つめて歩み続ける「高橋メアリージュン」さん。

人それぞれ生きる方法は違っても、必ず乗り越えなければならない壁はありますよね。

それを高橋家直伝のポジティブシンキングを少しでも見習って、もう一度自分自身を見つめ直してみるのもいいんじゃないでしょうか?

これから「高橋メアリージュン」の放つパワーを励みに、頑張ってくれる人が一人でも増えてくれると嬉しいです(^^)

スポンサーリンク