2022年アニメ

【怪人開発部の黒井津さん】アニメ1期2期は何巻から何巻?最新刊も

怪人開発部の黒井津さんのアニメが、2022年1月から始まります。

このアニメの面白いところは、ヒーローと闘う怪人側のお話であるということです。

しかも怪人の開発部門の職員たちも皆良い人ばかり。

普通と逆な設定に意表を突かれますね!

今回は、そんな怪人開発部の黒井津さんのアニメは、漫画の何巻から何巻までが描かれるのかについてご紹介していきます(^^♪

新規登録キャンペーン実施中
【Amebaマンガ】



【怪人開発部の黒井津さん】アニメは何巻から何巻まで?

怪人開発部の黒井津さんは現在3巻まで発売中です。

そして怪人開発部の黒井津さんの漫画は、まだ完結していないので、アニメは1期と2期があると予測しています。

それぞれ1巻から3巻までの発売日を見てみました。

怪人開発部の黒井津さん発売日
1巻2021年1月21日
2巻2021年7月12日
3巻2021年10月12日

ということで、発売日の間隔が3か月から4カ月になっているので、4巻の発売日は早くても2022年1月以降となると思います。

ですのでアニメ1期は、漫画の1巻から3巻までの内容になるでしょう。

通常、漫画がアニメ化される場合は6巻分ほどになるので、3巻分のアニメ化というのは少し短めです。

ですので、漫画を丁寧に描いたり、オリジナルの内容も含まれるかもしれません。

ひよ子
ひよ子
楽しみです!

【怪人開発部の黒井津さん】続編やアニメ2期はある?

怪人開発部の黒井津さんは、現在3巻まで発売されており、まだ完結していません。

ですのでアニメ2期の続編はあると予測しています!

4巻は、上で見たように2022年1月以降に発売される予測していますが、アニメ開始日以降の発売になりますよね?

ということで、アニメ2期の可能性は高いと思います。

少し変わった設定なのが、とても楽しめそうです。

新規登録キャンペーン実施中
【Amebaマンガ】



【怪人開発部の黒井津さん】あらすじネタバレ

主人公・黒井津燈香(くろいつとうか)は悪の組織秘密結社アガスティアの怪人開発部で、怪人開発の研究助手をしています。

正義のヒーローを倒すために怪人開発しているのですが、シリアスな雰囲気の会社ではなく、ほのぼのとした会社ライフを描いているんです。

とにかくヒーローを倒すぞ!というより、会社という組織の中でいかに上手くやっていけるのか、といった処世術でもあります。

また完成した怪人たちはみんな女子で、しかも外の世界を自由に行動しているんですね。

ですので、ヒーローを倒す悪の怪人というわけではなく、とりあえず名前が「悪」のような感じです。

ひよ子
ひよ子
悪というのは建前!?

では、怪人開発しているくらいなので、無茶苦茶ブラックな会社かというと全くそんなことはありません。

他の怪人開発している会社は、ブラック企業として描かれています。

でも、黒井津の会社の上司は、部下想いの優しい人で、怖いどころか、部下を気遣ってくれるとても優しい上司なのです。

だから会社としては、かなり理想的な会社ですね。

ひよ子
ひよ子
いいなぁ。

3巻では包帯怪人マミーがアイドルになるという展開。

包帯怪人マミーは、戦闘用ロボットだったので、声を出すことができません。

そこで、黒井津らはマミーの希望を叶えるため奮闘していきます。

要望の多い怪人たちへきちんと対応していく、優秀な社員のようですね。

このように、開発された怪人たちは、自分の要望が叶えられない仕様で作られています。

例えば中身は男子なのに女子として作られたウフル君とか。

そんな少し欠陥のある怪人たちの要望を叶えていくのが、黒井津たちの使命です。

また、黒井津はヒーローたちともコミュニケーションをとります。

物語全体がほのぼのしているので、おそらくヒーローたちと、今後の平和について話し合ったりするのかもしれませんね!

ひよ子
ひよ子
闘わないんだ!

【怪人開発部の黒井津さん】みんなの声は?

怪人開発部の黒井津さんへのみんなの期待の声を集めてみました。

普通とは違う設定に、いろいろな声があり、そんなところもこのアニメならではですね!

みんなの声
みんなの声
この漫画では、開発部門の研究者たちが、少ない予算の中でヒーローと対決するために、必然的に怪人の短所も出てきます。そこが面白くもありますね。
みんなの声
みんなの声
主人公の働く会社では、上司がとてもいい人だったり、福利厚生が手厚かったりととても良い会社です。そんな会社でも怪人開発部門の予算は少ないので、出来上がる怪人たちはどこか欠陥があります。まだヒーローと闘うシーンはありませんが、闘いのシーンが楽しみです。
みんなの声
みんなの声
怪人開発部の職員たちは、なぜヒーローと闘うのか?そこは詳しく書かれていませんが、そこがとても気になります。でも出来上がった怪人たちはみんな可愛い女の子ばかりなのがとても良いです。
みんなの声
みんなの声
ここの会社は決してブラックではありません。いろいろ充実していてとても働きやすい会社です。ブラック企業でいかに強く生きているのか?という設定ではありません。むしろほのぼのとした会社ライフが描かれています。
みんなの声
みんなの声
ヒーローと闘うための怪人を作っているのだけど、その怪人たちは普通に町に出て行きます。街の人々はそれを疑問に思いません。それを見越して可愛い女の子の怪人を作ったのでしょうか?怪人たちはどのくらい戦闘能力があるのか知りたいです。

さいごに

以上、怪人開発部の黒井津さんのアニメは、漫画の何巻から何巻まで?についてでした。

とても雰囲気の良い会社での、主人公の仕事ライフが描かれています。

ヒーローとの闘いのための怪人たちですが、歌手になりたいと言ったりとても自由な目標も目指したりと、本来の目的から外れることも。

そんな脱線する所も、この漫画の醍醐味ですね(^_-)-☆

新規登録キャンペーン実施中
【Amebaマンガ】