2018ドラマ

サバイバルウェディング7話の名言はこれだ!男心を理解する努力が必要!


サバイバルウェディング7話のあらすじと感想です。

さやかと祐一は上手くいくのかが見所です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

7話あらすじ

「和也が行方不明なんだ…。」

和也の同僚の村田英寿がさやかのところにやってきました。
なんと和也の会社でリストラがあり、同期の中で和也だけが子会社へ出向に。
そのせいでかおりという女性にもフラれてしまう。
一度だけでいいから和也に会ってほしいと頼まれます。

「多香子に言われたでしょ?婚約破棄のこと、和也とちゃんと話し合ったことあるのかって」

和也の同僚に、和也の様子を見てきて欲しいと頼まれます。
でもさやかは今はもう和也には会いたくない。
また会えば情に流されてしまうかもしれない。
そんな時栗原美里が結婚するとSNSに投稿が。

「パワースポット特集です!」

仙台にある伊達政宗が祀られている神社でお参りすると素敵な男性に巡り会える。
栗原美里もそれでスピード結婚できたのです。

「だいたいお前伊達政宗ってどんな人物か知っているのか?」

伊達政宗は50歳を過ぎても男性の恋人がいました。
でもその恋人は浮気を疑われ、身の潔白を晴らすため、腕に刀を刺しその血でラブレターを書いた。
BLの人だったのですね。

「占いとかパワースポットとか、非科学的な物も一概には否定できないけどな」

クリスチャンディオールもスカウトの話があったとき、占い師に相談しました。
そしてそのスカウトの話を蹴って、自分の店を作ります。
だから宇佐美は今回のさやかの「パワースポット特集」も採用してみよう、と言います。

「次の特集はriz流、新パワースポット巡りだ」

人間が元気のないときにパワーが出るのは、好きな服を着て美味しい物を食べたとき。
神社でお参りしても元気は出ない。
しかもrizの読者は忙しい30代女性。
だから身近なパワースポットがいい、と宇佐美が提案します。

「さやか、ボスと付き合っちゃえば?」

「来週末明けとけよ。俺がとっておきのパワースポット紹介してやるから」
この言葉にさやかは「私とデートしたいなら、素直に言えばいいのに」と。
そんな二人のやり取りを見ていた多香子と杉優子に言われます。
でもさやかは完全否定!

「今度の週末、どこかへ出掛けませんか?」

さやかが、近場で元気になれるパワースポットを探している、と言うと祐一は良いところを知っていると。
そして着いたところはサソリの唐揚げなどを提供してるお店でした。
それを美味しそうに祐一は食べるのですが、さやかにはムリ。
でも祐一が何度も「美味しいよ!」と勧めるので、一口食べたら意外と美味しいのです。

「ここが私のパワースポットです!」

橋本マイが中島哲夫を連れてきたのはBLバー
イケメンBL同士のいちゃつきに、二人とも大興奮です。

「大変美味しゅうございます」

多香子はイケメンが点ててくれたお抹茶を頂きます。
着物も着て、雰囲気はばっちり。

「私たち幸せになりま~す!」

奥園千絵梨と高橋涼太は海辺へ。
そこで千絵梨がそう言うと、涼太は「仕事です!」と。
さらに大きなパフェを二人で仲良く食べます。
でもまたしても涼太は「仕事です!」

ブルゾンちえみについての記事はこちら♪
[blogcard url=”https://kiiroihiyoko.com/6610.html”]

「もう敬語やめません?祐一でいいですよ。」

「今日はありがとうございました。ちょっと以外だったけど」とさやか。
「何事も挑戦と経験ですから」と祐一。
さやかは取材ができたと喜びます。
そんな時、祐一からそんな提案をされて、さらに嬉しいさやかでした。

「好きな人といると、どこでもパワースポットなんだなぁ」

先日の祐一とのデートを思い浮かべて、さやかはうっとり…。
千絵梨の投稿したツーショット写真で、千絵梨と涼太もオフィっスラブ、と間違われています(笑)

「帰ったら大事な話があります」

さやかが祐一を「祐一」と呼ぶ練習をしていると、本人からメッセージが。
「今から急な出張でインドに行ってきます」と。
それがいい話なのか悪い話なのか気になるさやかなのでした。

「とっておきのパワースポット教えてやるって言って、自分の買い物してただけじゃないですか」

さやかは宇佐美にパワースポットへ連れて行って貰います。
でも宇佐美は買い物ばかり。
実はrizは海外進出をする予定で、そのための市場調査だったのです。
宇佐美は休みの日もそんなことをしていて、さやかは少し驚きます。

「いちごは最初に食べるんじゃないんですか?」

ショートケーキの食べ方は、見た目の美しさを保ちながら食べる。
だからいちごの周りから食べていって、いちごは最後に食べる。
「そんなことも知らないと、あの御曹司と付き合うのは苦労するぞ」と宇佐美に言われてしまいました。

「編集長は結婚しないんですか?」

宇佐美は結婚しない、と応えます。
なぜなら結婚は男から女が搾取するために作られた制度だから、と。
「男の権利を半分にして義務を2倍にする、それが結婚だ」。
さやかは結婚式に宇佐美にだけはスピーチをお願いしないと宣言しました。

「国や宗教に関係なく大体のヤツが結婚したとき、と答える」

人生で一番幸せなときは、と質問すると、ほとんどの人が結婚したときと答えるのだそうです。
宇佐美は、人間の脳は勝手に結婚したがるようにできているのだと。
するとさやかは、なぜ未婚の男性が増えているのか、と質問します。
答えは男性に女性を養っていける自信がないから

「お前が結婚したいって言うなら、その不安を補ってやればいい」

「それって女が経済的に補うってことですか?」さやかが質問します。
「補うって言うのは、もっと精神的なものだ」
だから男が精神的に弱っているときはこう言えと。
「無職になったら養ってやる」

「そんな時お前が男になって男を支えてやれ」

「どんなに金を持っているヤツでも、将来どうなるかわからないんだ」。
どんな男でも無職になるかもしれないし、病気になるかもしれない。
そんな時に女がすべきことだそうです。
さやかはもし和也が無職だったら結婚しただろうか、と自問自答してみました。

「でもな人を幸せにする力っていうのはいつまでも価値が下がらない」

外見の美しさはいずれ価値が下がる、と宇佐美。
そしてココシャネルのことば。
「50歳の顔には価値が滲み出る」
いつまでも価値のある女でいろ、と言いたいのですね(*^_^*)

「さやか、俺が悪かった。やっぱり俺にはお前がいないとダメなんだよ」

和也がもう一度やり直そうと言ってきます。
でもさやかはいままで和也に散々振り回されてきたので、もう和也とは関わりたくない。
そうキッパリ言いました。

「怖かったんだよ。さやかに本当の自分を見せるのが怖かった」

和也は自分より仕事ができるヤツは山ほどいる、とグチります。
そんなことをさやかに知られるのが怖かったと。

「さやかが思っている俺なんて、もうずっといないんだよ!」

さやかにとって和也は高校時代からの憧れの先輩でした。
でも和也は自分には何もない、と言い続けます。

「私4年も一緒にいたのに、和也がそんな風に苦しんでいること知らなかった」

さやかの心の中に宇佐美の「男の心を知ろうとしろ!」という言葉が蘇ってきました。
そして和也はいつもみんなの中心にいる人だと思っていて、自分は結婚を焦っていた、と本心を打ち明けます。

「できるよ、和也なら」

私が寝た後に仕事をしていた姿、日曜日に会社へ出かかる姿。
そんな和也は見えないところで努力する人、だからどこに行ってもやっていける、と励まします。

「さやか、ごめん、ありがとう…」

和也は納得します。
そしてえ二人はお互いに別々の道を歩んで行くことを決めます。
とても良い別れ方だと思いました(^^)
さやかは祐一のことをもっと知って、祐一をたくさん笑顔にしてあげたい、と心に誓いました。

風間俊介についての記事はこちら!
[blogcard url=”https://kiiroihiyoko.com/6612.html”]

「さやか、ただいま」

川村製薬との打ち合わせにやってきた祐一と久しぶりにあったさやか。
永瀬部長には「柏木君、何か顔つき変わった?」なんて言われます。
そんな祐一とアイコンタクトするさやか。
栗原美里に睨まれました。

「柏木王子のあんな笑顔見たことないわ」

週末、さやかは祐一とデート。
「大事な話」は何なのかそわそわしています。
そこへ会社の杉優子の家族とばったり会います。
祐一は杉優子の娘すみれちゃんとボール遊び。
さやかはとても幸せを実感しました。

「あっ!送る相手間違えてた」

さやかは祐一が「大事な話」をしてくれないので、「大事な話」って何、と質問します。
でもそれは仕事の話で、さやかへのメッセージではなかったのです。

「好きだとか、付き合おうとか、一切言ってこない。手を繋ごうともしない」

祐一があまりにも何もアクションを起こさないので、さやかはバークリフに多香子と千絵梨を呼び出して愚痴ります。
みんなが出してくれた答えは「気はあるけど、ただの友達」。
祐一はもしかしたら「今どき男子?」と頭を抱えてしまいました。

「父さん、お話があります」

祐一は実家へ。
さやかの元には母親が「話がある」とやって来ました。
話が詰まってきましたね(^_-)

サバイバルウェディング動画見逃しを無料視聴する方法!パンドラなどは?
[blogcard url=”https://kiiroihiyoko.com/6864.html”]

7話感想

さやかはとても素直な女性です。

宇佐美のアドバイスをきちんと守って実行しているから。

だから着実に成果が出ています。

しかも宇佐美のアドバイスが的確すぎて素晴らしい!

男心を理解するのがポイントです(*^_^*)

スポンサーリンク