Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
話題

波瑠の名前の由来と本名は?プロフィールと昔いじめられてのは本当?


今は波瑠さんを知らない人はいないんじゃないか、と思うくらい老若男女から愛されています。

彼女にはどうしてそんなに魅力があるのでしょうか?

2018年7月現在放送中の『サバイバルウェディング』では、主演の黒木さやかを演じる波瑠さん。

今回はそんな波瑠さんについて深掘りしていきます♪

スポンサーリンク

波瑠のブレイクきっかけは朝ドラじゃない!?

まず皆さんに簡単な質問です。

別に見る気はないけど何となくテレビをつけている事ってないですか。

そして何気にテレビに目をやると「ん、誰この子」と思った事。

さらに日を増すごとに何か気になる存在になってる。

そして最後にはググってしまって、「あ~、〇〇ちゃんっていうんだ」と1人で納得してしまう。

恥ずかしながら、今回紹介する波瑠さんが私にとってそんな存在でした(^^)

私が勝手な思い込みで定義付けしている、笑福亭鶴瓶さんが司会を務める『Aスタジオ』のアシスタントはその後ブレイクする。

私が波瑠さんの存在を知り、興味を持ったのがまさに同番組に出演した時でした。(2013年当時)

私の予感は的中でしたよ…(笑)

「今夜10時✨
カウントダウン✨
#ひょっこり出てきた
#隠れたつもりかもだけど映ってるから
#第2話今夜10時
#サバイバルウェディング」
ツイッター

プロフィール

波瑠さんは、向井理さん、谷村美月さんと同じ、ご存知『ホリプロ』のグループ会社ホリエージェンシーに所属しています。

1991年6月17日生まれの27歳で、東京都足立区出身のバリバリ下町っ子。(2018年7月現在)

言われてみれば下町っ子的な雰囲気ありますよね、活発で良いにつけ悪いにつけ何に対しても全力でぶつかるところなんか納得です(゚ー゚;)ナットク!

血液型がO型というのも影響しているんでしょうか。

前述した笑福亭鶴瓶さんも

「度胸もあるし、さっぱりしてるし、男っぽい」

と語っています。

2004年、当時中学1年生の時にスカウトされ芸能界入りしましたが、当初は全然仕事がなく、仕事が入っても電車に跳ねられるだけの台詞も役名もないものばかりだったようです。

2006年に映画、連ドラに初出演を果たすと、2007年5月から『セブンティーン』、その後2012年4月からは『non-no』の専属モデルとして活動を始めた頃から徐々に頭角を現します。

映画やドラマでも役付きの仕事も増えてきて、2015年ついに「あのドラマ」への出演が決定します!

波瑠さん自身が後に語っていますが「オーディション200連敗」の下積み時代を乗り越えて、NHK連続テレビ小説『あさが来た』のヒロイン白岡あさ役を手にしました。

俗に言う連ドラでは「てっぱん」から始まり、「純と愛」、「あまちゃん」と3連敗した後のことでしたので喜びもひとしおだったそうです (嬉〃∀〃)ゞ☆

しかし波瑠さんはこんな事も語っています。

「ブレイクしたいとはあまり思っていないんです、息の長い女優でいたいんです。史上初とか派手なことには興味もありません。」

なるほど、過剰な欲は持たない真摯な姿勢が、逆に素の魅力を醸し出して人を惹きつけているんですね!

そんな波瑠さんですが、中学3年生の時に漢字検定2級の資格を取得したり、下積み時代には月に30本のペースで映画を見て、芝居の研究をしていたとのこと。

何かにハマると一直線に進んでいくところが「男前」と言われる所以なんでしょうね(^^)

「波瑠×22style」
ツイッター

昔いじめられていた?

波瑠さんが学生時代いじめられていた、というエピソードがネット関連で多く見かけますが、どうもこれは事実のようです。

小学校は足立区立千寿第八小学校

もともと活発で子供の頃から美形だった波瑠さんは、入学してからすぐにクラスの中心的存在になったそうです!

しかし3年生の時に転校してきた子がクラスのリーダーになると、波瑠さんへのいじめが始まりました。

後に波瑠さん自身が語っています。

「子供の時は痩せていて、髪が金髪みたいでハーフのようだったんです。
それで自分のことを可愛いと思っているナルシストだって言われ続けました。」

中学校に上がればいじめはなくなると辛抱していましたが、足立区立第一中学校へ進学した波瑠さんへのいじめは続きます(;。;)

これはおおよそ小学校から中学校へは同じ子が持ち上がりで進学するからですよね。

「これなら男子の仲間と一緒にいたほうがいい」と思い、男子生徒と行動を共にしたそうです。

しかしこれを見た女子が「あの子男好きだよね」と噂され始め、男子からも相手にされなくなりました(;。;)

そういったこともあり、よく保健室に通って授業に出なかった。

しかしもともと気が強いこともあり、絶対に泣かなかったと当時の同級生が語っています。

「いじめで学校へ行きたくない」

これが波瑠さんが芸能界入りを決めた理由だそうです。

普通は入りたくても入れない芸能界の世界に、このような理由で入った波瑠さん。

しかしそれもこれも波瑠さんが何かを持っていたから出来た事でしょうけどね(^_-)

スポンサーリンク




波瑠の名前の由来と本名について

波瑠っていう名前、珍しくて一度聞いたら顔と名前がバッチリ一致しますよね!

でもそもそも波瑠は本名なのでしょうか?

事務所の方針である種謎を含んだキャラ作りのため、公表はしていないようですね。

ここから先は憶測を含んだ情報になりますがお許し下さい(笑)

かつて『セブンティーン』でモデルをしていた時期には南波瑠という名前で活動していました。

またこれが本名でないことも『笑っていいとも』出演の際、いとも簡単に否定しています。

しかし過去に学生コミュニティの「キャスフィ」で、高校の先輩らしき人が投稿しました。

その投稿で本名は山口麻有と書かれていました。

匿名性の書き込みは信憑性に乏しいのですが、他のサイトでも同じような書き込も。

ですが真相は闇の中といったところでしょうね(^^;)

「ここの波瑠ちゃんおもしろ可愛すぎてひたすら見られる🐒」
ツイッター

さいごに

いかがでしたか?

今回は波瑠さんについてのエピソードをいくつか深掘りしてみました。

とにかく何でも一生懸命やる性格ですし、いじめという辛い経験もしています。

その点では座右の銘が「一視同仁」というのは頷けるところではありますね(^^)

これは、「誰も差別せず、全ての人を平等に見て一様に仁愛をほどこすこと」という意味です。

いつまでもこの気持ち忘れないでいてほしいという願いと、私たちもこうあるべきだと思ってしまいます。

今回は波瑠さんに色々と教えられた気がします(^_-)

最後お読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク