トッケビ

トッケビ1話のネタバレあらすじは?ウンタクの初々しい所が見所!


トッケビ1話のあらすじ、見所、感想です。

1話から波瀾万丈です♪

スポンサーリンク

1話あらすじ

キムシンは高麗の将軍でその強さには誰も敵いません。
しかし戦いに勝って戻ってきたキムシン達は逆賊とされます。
それは奸臣パク・チュンホンが王ワンヨにそう仕向けたのです。
そのためキムシンの部下も、親族一族も、キムシンの妹の王妃キムソンも命を奪われてしまいました。
そしてキムシンも…。
逆賊扱いのためその身は埋葬されることなく、野原に置き去りにされます。

何年か経ち、キムシンの家臣がその亡骸の場所にやって来ます。
そしてその家臣の声が天に届き、キムシンはトッケビとして生まれ変わりました。
まず向かったのは自分を落し入れたパク・チュンホンへの復讐。
でも王ワンヨはすでに他界していました。

キムシンの家臣はすでに亡くなっていて、孫がその亡骸を埋葬していました。
キムシンはその男の子と外国へ渡ろうとします。
しかし乗った舟は海賊ばかりがいる船。
男の子は海賊に海に投げ入れてしまいます。
怒ったキムシンはトッケビの力を使って船を海に沈めてしまいました。

現代に戻り、キムシンはドクファはかつての家臣の高利で死んだ男の子の生まれ代わりだと悟ります。
ドクファの家は代々トッケビに仕えてきた家系
孫の男の子ドクファもいずれキムシンに仕えるのです。

ウンタクの母親は産神のお婆さんの露天で、かつて王女のしていた指輪を手に取ります。
そのお婆さんに何かあったら「一心に祈りなさい」と教えられます。
ウンタクを身ごもっていた母親は交通事故で亡くなりかけましたが、トッケビへ助けの声が届きます。
そしてトッケビからまた命を吹き込まれました。

ウンタクは8歳になりました。
しかし9歳の誕生日に母親が交通事故で亡くなります。
ウンタクの望み通りお餅ではなくバースデーケーキを買ってあげて…。
でもウンタクは目の前の母緒が幽霊だと気づきます。
そして号泣…(;。;)
これにはこちらももらい泣き…。

「本日は #キム・ゴウン さんのお誕生日㊗♪
おめでとうございます👏✨
#トッケビ での屈託のない愛らしい笑顔が本当に大好きです💛
全国の皆さんに早く #キム・ゴウンさんの素敵な笑顔をお届けしたいです(*´▽`*)」
Twitter

ウンタクの母親は幽霊になって、お婆さんに別れのあいさつに行きました。
そしてウンタクの事も時々でいいから見守って欲しいとお願いします。
露天の残り物の野菜でいいからあの子にあげて欲しいと。

死神がウンタクを見つけて連れて行こうとします。
遅れてしまったが、と言って。
そこへ産神のお婆さんがきて助けてくれました。

「なぜ私を助けてくれるの?」との問に「可愛いいから」と。
子供の神様らしい発言です!
そして誕生日プレゼントとして白菜を渡します。
ウンタクのお母さんの望み通り残りの野菜をあげたのですね(*^_^*)

高校生になったウンタクは幽霊が見える女の子として学校に知れ渡っていました。
だから友達もゼロ。
そんな状況でもウンタクは持ち前の明るい性格で健気に生きていました。
でも面倒をみてくれているおばさんはウンタクにいつも冷たい。
でもウンタクを追い出さないのは保険金の入金された通帳を奪うためでした。

キムシンは次はニースに住むことになりました。
永遠の命を隠すために20年ごとに住む場所を変えているのですね。

ウンタクは誕生日のお祝いを1人でしていました。
ろうそくにを付けて、願い事をしながら…。
そんな時ウンタクの願いがニースにいるキムシンに届きます。
そしてキムシンがウンタクの元にやって来ました。

「今日7月10日は #コン・ユ さんのお誕生日🎉
おめでとうございます✨
#トッケビ でのお茶目な姿やキュートな笑顔、侘し気な表情、どれも本当に素敵💛
可愛さとオトナの魅力が大爆発してます💛
今回は広報担当の私がお気に入りの1枚をお届け❕
皆さんもこの色気をぜひご堪能ください(///∇///)キャァ♪」
Twitter

ウンタクはキムシンを幽霊だと見抜きます。
さらにウンタクはキムシンの持っていたソバの花が欲しいと言います。
なぜなら「今日は私の誕生日だから」。
ソバの花の花言葉は「恋人」でした。
今後の2人の展開が予想される花言葉ですね!

キムシンの韓国の家には死神が住むことになっていました。
ドクファがお金を稼ぐために死神に貸したのです。
でも2人は仲が悪い。
食事中もお互い超能力を使って塩を投げたりして、まるで子供のようにケンカばかり(笑)

ウンタクは火を付けるとキムシンが会いに来てくれると知ります。
携帯のろうそくの火でも。
ある時図書館にキムシンを呼び出します。
そこでウンタクは「私はトッケビの花嫁よ!」と言います。
幽霊にそう言われていたし、首の後ろのアザがその証拠のようです。
でもキムシンはすぐには信じてくれません。

キムシンはカナダで法事に出席するためにドアを開けたら、もうそこはカナダでした。
なんともう一度ドアを開けて追いかけてきたウンタクの姿もそこに。
キムシンはそんなウンタクの能力にびっくりします。
ウンタクは思いました「あたなはトッケビよ」と。
そして私はトッケビの花嫁だからキムシンと結婚する、と宣言するのでした。

スポンサーリンク

見所

コンユは俳優として20年も活躍しています。

でも時代劇に挑戦するのは初めてだそう。

彼の時代劇姿も見逃せません。

日本の時代劇と違って韓国の時代劇は少しどろどろしていますが、登場人物が美男美女ばかりなので見ていて飽きません。

ウンタクはもうすでに自分がトッケビの花嫁だと知っていました。

そしてキムシンはトッケビだとすぐに見抜きます。

すでに2人の運命は決まっている。

でも別の選択もできる。

どんな運命を選んでいくのかも楽しみです。

☆トッケビの見逃し動画配信についてはこちら♪
[blogcard url=”https://kiiroihiyoko.com/7283.html”]

感想

1話は高麗時代と現代を行ったり来たりと、激しいストーリー展開です。

初めて見たときはその展開に付いていけませんでした(^^;)

でも何度か見ているうちにいろいろ見えてきます。

すべてが繋がっていることも。

高麗時代の映像もニースも、もちろん韓国の映像もすべて美しくて見応えがあります(*^_^*)

スポンサーリンク