2019ドラマ

ドラマみかづきのタイトルの意味は?高橋一生や永作博美らキャストも!


2019年1月から土曜ドラマ『みかづき』が連続5話で始まります。

『みかづき』は森絵都さんの小説が原作です。

今回はそんな小説のタイトルの意味とドラマキャストについて調べてみました♪

スポンサーリンク

ドラマみかづきのタイトルの意味は?

ドラマのタイトルの意味の前に少し『みかづき』のあらすじをご紹介します。

小学校用務員の大島吾郎は落ちこぼれの生徒に勉強を教える天才教師

一人で娘を育てる教師の赤坂千明は戦中の学校教育方針に反発を感じていました。

千明の娘も吾郎に勉強を教えてもらっていました。

そんな千明は吾郎の良い評判を聞きつけ、吾郎に一緒に塾を始めます。

しかし次々に塾の需要が増えていきます。

千明は他の塾との共同経営や塾の方針を生徒の授業の補助から進学塾へと変えました。

だんだんと吾郎は千明と塾の方針が不一致となり、吾郎は塾を去っています。

吾郎がいなくなり、急成長によるひずみを何とか乗り切りながらも、さらに塾を大きくしようと邁進する千明。

ついには私立学校の買い取りの話まで出てきました。

しかし様々な問題が生じて断念します。

そしてまた原点に帰って用務員室で子供たちの補習を始めました。

でもさらに千明は病気になってしまい、最後は一度は家を出て行った吾郎に看取られました。

千明がいなくなっても子供たちは頑張っていきます…。

千明は戦中の学校教育に不満を持ったことから、その後理想の教育を追い求めていくとても意思の強い女性です。

そんな千明が本の中でこんなセリフを言っています。

『学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思うんです。太陽の光を十分に吸収できない子どもたちを、暗がりの中で静かに照らす月。今はまだ儚げな三日月にすぎないけれど、かならず、満ちていきますわ』

また吾郎は千明亡きあと自叙伝を出版、その記念パーティーでそのそのタイトルみかづきとしました。

学校教育はいつの時代も太陽のように王道です。

それに対して塾は月…。

月は満ちたり欠けたりを永遠に繰り返します。

時代とともに塾に求められる要素も変わってきます。

千明が塾の方針をいろいろ変えたのも時代とともに塾へのニーズが変化してきたからでした。

時代のニーズに常に応えるのはとても大変だったのだろうと思います。

また塾の経営だけではなく夫婦関係も塾の方針の違いから対立したりと、順風満帆とは真逆でした。

だから千明も吾郎も寂しい思いをしています。

そんな千明の苦労がこのひと言に凝縮されている気がしました。

完璧な塾を作りたい、でも完璧な塾を塾を作ったとしてもすぐに足りないところが出てきてしまう。

だからタイトルが『みかづき』なのですね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

キャストについて

高橋一生(大島吾郎役)

吾郎は小学校の用務員をしながらも生徒への補習を行う天才教師。

後に千明と結婚し二人の娘にも恵まれ、塾の共同経営をしていくが…。

●名前:高橋一生(たかはしいっせい)
●生年月日:1980年12月9日
●出身:東京都
●身長:175cm
●血液型:O型

ドラマ「僕らは奇跡でできている」でも大学講師役をされました。

天才だけど優しくて面白い授業をしてくれる先生役。

『みかづき』でもそんな天才だけど優しい先生を演じてくれることと思います。

少し優柔不断なところもあるようです…(笑)

永作博美(赤坂千明役)

千明は学校教育に疑問を感じ、塾に豊かな教育を求めていきます。

でもそんな千明には様々な試練が待ち構えていました。

●名前:永作博美(ながさくひろみ)
●本名:内藤博美
●生年月日:1970年10月14日
●出身:茨城県行方市
●血液型:B型

今年48歳になる永作博美さん。

しかも二人のお子さん(おそらく現在10歳と8歳)もいらっしゃいます。

そんな永作博美さんは常に指圧したりと美容にもかなりこだわっているんだそう。

やっぱり綺麗な人は努力されているんですね。

工藤阿須加(役は未公表)

男性の登場人物は次のようになります。

●上田純:千明の塾で当初から講師を務める。蕗子の夫。若くして亡くなる
●上田一郎:蕗子(千明の長女)と純(蕗子の夫)の長男
●勝見正明:千明の八千代進塾の共同経営者となるも後に他塾へ移る
●国分寺努:千葉進塾の事務局長から塾長にまでなった有能な人物
●佐原修平:蘭(千明の次女、吾郎にとっては長女の夫)

5人もいるのですが、おそらく千明の塾に当初からいる、後に蕗子の夫になる上田純になると思います。

●名前:工藤阿須加(くどうあすか)
●生年月日:1991年8月1日
●出身:埼玉県所沢市
●身長180cm
●血液型:B型

大政絢(役は未公表)

役はおそらく三女の大島菜々美になると思います。

人懐っこく、大きくなると海外で生活するほどの行動派です。

●名前:大政絢(おおまさあや)
●生年月日:1991年2月4日
●出身:北海道滝川市
●血液型:O型
●身長:164cm

黒川芽以(役は未公表)

役はおそらく二女の大島蘭になると思います。

千明の性格に似ていて、成績も優秀な蘭。

千明の塾でその実力を発揮していきます。

●名前:黒川芽以(くろかわめい)
●生年月日:1987年5月13日
●出身:東京都
●身長:160cm
●血液型:O型

壇蜜(役は未公表)

役はおそらく長女の大島蕗子になると思います。

千明よりも吾郎が好きだった蕗子。

教師を目指します。

●本名:齋藤支靜加(さいとうしずか)
●生年月日:1980年12月3日
●出身:秋田県横手市
●血液型:O型
●身長:158cm

風吹ジュン(役は未公表)

風吹ジュンさんの役は予想できませんが、もしかしたらおばあちゃんになった千明かもしれませんね。

●本名:川添麗子(かわぞえれいこ)
●生年月日:1952年5月12日
●出身:富山県富山市八尾町
●身長:157cm
●血液型:B型

さいごに

千明と吾郎の50年間を描いた物語。

塾のことや夫婦のこと、そして親子関係など濃い内容になっています。

とても感動しそうなドラマが楽しみです(^o^)

スポンサーリンク