卒園・入学準備

子供の長靴はやはり大きめを買いたい!気をつけたいポイントは?

子供の長靴はなるべく大きめを買いたいです。

なぜならあまり使わないモノだから。

我が家の息子は来年小学生になります。

そんな長靴を選ぶポイントをまとめました。

スポンサーリンク

サイズは大きめを選ぶ

塩化ビニール素材の長靴

本来は靴類はすべて足サイズの1cm大きめを選ぶように靴屋さんで言われます。
長靴だと1~2cmくらい大きいモノでOKです。

その理由は長靴の素材にあります。
長靴の素材は塩化ビニールであることが多いのですが、塩化ビニールにはメリットとデメリットがあります。

メリットは固い素材なので半永久的に劣化しないということです。
一方デメリットは気温が低いときは固くなる素材ということです。

長靴が気温の変化で固くなってしまい、歩きにくかったり滑りやすくなります。
そのため少し大きめサイズを選びます。

しかし大きいサイズだとブカブカで歩きにくくなります。
大きめサイズの方が子供は喜びますがやはり歩きにくいです。
ぺたぺた歩きになってしまい足にもよくありません。

合成ゴム素材の長靴

合成ゴム素材の長靴もオススメです。
なぜなら合成ゴム素材は柔らかくフィット感も良いので歩きやすいのです。

しかしデメリットとして時間と共に劣化が進みます。
少しでも長く履かせたいときや、兄弟で履かせたいときなどは注意が必要です。

また合成ゴム素材の長靴の場合なら大きめサイズを選ばなくても寒いときでも問題なく履くことが出来ます。
でもやっぱり少し大きめがいいですよね~。

インソールで調節する

そこでンソールで調整します。
インソールは100円ショップでも買えますし、100円ショップの材料でも作れます。
ジョイントマットやフローリングに敷くマットのようなものでもいいですね。

いずれにしても大きめを購入するのならインソールでの調整が必要です。

普段履く運動靴は長靴と違って0.5~1cmの余裕があることが大切です。
インソールでの調整はあまりオススメではありません。
たまに活躍する塩化ビニール素材の長靴にはオススメです。

私の息子は私に似て足が扁平足です。
扁平足だと異常骨格となり痛みがあったり、歩き方がぎこちなかったり、転びやすかったりするようです。

息子の場合歩き方がぎこちないような気がします。
私も扁平足だけが原因ではないのですが、歩き方がとてもぎこちないです。

私に関してはいいのですが、息子に関してはいずれで整形外科で見てもらう予定です。
(診てもらったらまたこちらに書きます。)

ランドセルの雨の日用レンカバーを選ぶポイントは?注意点についても!ランドセルカバーは必要かどうかというと、絶対に必要という物ではないかもしれません。 学校で交通安全協会の黄色いカバーを貰えるかもしれま...

長靴を選ぶポイント

丈について

保育園時代はまだ長さもそれ程ないので心配ありませんが、小学生になるとサイズも大きくなり、下駄箱に入らない!ということもあります。

息子は凹凸のある子でとても几帳面なので、下駄箱に長靴入らないとストレスに感じると思われます。
そうでなくてもやはり下駄箱にきちんと収まる長靴のほうがきちんとしていいですね。

なので下駄箱の大きさなど事前にチェックするようにします。

カラーについて

安全面から考えると黄色が一番です。
なぜなら黄色は昼でも夜でもよく見えます。

特に夕方や夜でも黄色ならはっきりと見分けられるため安全なカラーになります。
小学1年生のイメージカラーは黄色なのはそんな理由があるからです。

ですので一番安全なカラーは黄色になります。

でも今の時代は特に黄色にこだわらずにカラフルなカラーのものも欲しくなります。
そんな時はリルレクター(反射板)を長靴に貼るのがオススメです。

リフレクターは100円ショップでも購入できます。
このようにして暗くなりがちな雨の日の安全対策をします。

軽さ

長靴は軽いものが良いです。
軽いとやはり足取りも軽くなります。

私は以前量販店で安い長靴を買ったのですがとても重かったです。
雨の日はどうしても気分も暗くなりがち。
そんな時長靴を履いた瞬間、履き心地が良くて軽かったら気持ちも軽やかになります。

ですので軽い長靴であることも重要です。
子供も雨の日の長靴が楽しみになりますよ。

子供と一緒に選ぶ

とはいえ一番は子供自身に好きな長靴を選んでもらうことがいいですよね。

自分で選んだ長靴ならば喜んで履いてくれます。
子供自身が選ばなくても、その子の好きなタイプの長靴なら気に入ってくれそうです。

我が家の場合は息子は一緒に見なくても、私が好きそうなタイプのものを選べば気に入ってくれます。
娘は一緒に見るか、ネットでの購入なら一緒に画面を確認しながらでないと気に入ってくれません。

子供の性格に合わせてお気に入りの長靴を見つけていきたいです。

長靴を履かない時は?

朝は雨が少ししか降っていなかったとか学校帰りに突然雨が降ってきた時など長靴を履かない時もあります。
そんな時は防水タイプの運動靴を用意しておきます。

またいつもの運動靴に防水スプレーをかけたりして対応します。

スポンサーリンク




雨の日の持ち物

雨の日は手や顔、ランドセルなど濡れます。
ですのでミニタオル替えの靴下濡れたモノを入れるナイロン袋などを持たせてあげると子供も助かると思います。

子供も体がびしょびしょだと気持ち悪いし、雨の日は寒いので靴下も替えがなかったら寒いです。
落ち着いて授業を受けられないかもしれません。

私も雨に濡れた靴下や手足では気持ち悪くて、なんだかそわそわして集中力が低くなる経験はあります。

ですのであまり荷物ら増えないように用意しましょう。
男の子は面倒くさがって靴下を履き替えないかもしれませんが、一応持たせてあげたいです。

スポンサーリンク

オススメの長靴3選

CROCS ハンドルイット キッズレインブーツ

サンダルのクロックスと同様、軽くて乾きも早く、カラーも豊富です。
かかとの部分に反射板が付いています。
素材は合成樹脂。
歩きやすいのがいいですね。

stample キッズレインブーツ

軽さと履きやすさがポイントです。
素材は塩化ビニール、安心の日本製です。

ASAHI キッズレインブーツ

発売20年のロングセラーでかつ日本製です。
少しヒールがあります。
また靴底はこだわりの作りで滑りにくく歩きやすい設計です。
素材は塩化ビニールになります。

最後に

長靴と一言で言ってもいろいろな選択肢があります。
見た目も良くてでも末永く履けるものを探したいですね!

新小学1年生にレインコートは必要か?必要ではない理由を考えてみた!レインコートは私が小学生の頃にも黄色いものを用意してもらった記憶があります。 レインコートを着るほどの大雨の日が年にどのくらいある...
スポンサーリンク